« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

錦織神社

Img_0936 錦織神社は住宅地の中にオワシスの様に木立に囲まれた所に在ります。こじんまりとした中に、気品のある 美しさをかもし出しています。極彩色に彩られた、柱や部材は 竜宮城のようです。なかなか地元の名所旧跡は何時でも行けるしと 深く探求しないで 通り過ごしているので 改めてもう一度見直していくつもりです。Img_0937 Img_0938

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道 おまけ

Img_0930 この2匹が、ポンション人形館で買ってきた おねだり きつね です なかなか愛らしいやつで 逆立ちやら 前足でつかまったり からみあったり 色んな動作を見せてくれます 今は玄関で 出迎えてくれてます。 やっと写真が焼き増しされて来ました それを見てるとやっぱりこれが 北海道だなと感じた1枚だったので 追加します。Img_0802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美具久留御魂神社 Ⅱ

Img_0923 大阪府富田林市(PL高校 花火が有名な所)にあり 秋の祭りには だんじりが近郷の町まちからたくさん 集まります。詳細はひだりの写真でどうぞ 読んでください。定点観測の場所はここから歩いて10分の所にあります。富田林には 他にもいい所が ありますので おいおい紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定点観測

Img_0918 これから 月一回この場所で定点観測をやりたいと思います、田植えの始まる前からすればよかったけど 気が付くのが遅かったので7月2日撮影です。ちょうど雨の後束の間の晴れ間でした。無理してでも雨の中で撮った方がよかったかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美具久留御魂神社

朝から雨ばかりで、夕方から晴れたので、早速出かけました。美具久留御魂神社(みぐくるみたまじんじゃ)から石川の川原まで  写真はまず美具久留御魂神社です 鳥居の向こうに 二上山がみえます。Img_0920 こんもりと繁った森のすそに在りゆっくり歩くのに最高です。ここから石川まで車で7,8分 桜の時分は一杯の人と車でにぎわいます。雨上がりの 水に洗われた新緑が 目に鮮やかに飛び込んできます。3枚目は 大阪 奈良県境の 左が葛城山 右が金剛山 ハイキングに最適なコースが一杯あります。Img_0922 最後が 二上山 らくだのコブのように左が雄岳 山頂に 大津皇子の墓陵 がありハイキングコースですが 入山料が必要です 右が雌岳で 今では この山頂が 整備され皆の憩いの場になっています。ここから 岩屋峠を越えて 奈良側に下ると 当麻寺に着くのです。Img_0926Img_0925 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ Ⅵ

定山渓から小樽に、以前冬に来たことがありますが あまりに寒くて歩き廻らなかったから 今日は観光客が行かない 北運河と旧日本郵船小樽支店の方へ歩きます。月曜なのですべて休館 建物の中にははいれません残念。前は公園になってるし、途中石作りの倉庫が並んでるのに、こちらには人が来ませんナンデダロー?写真は北公園と旧日本郵船小樽支店 小樽港の防波堤を設計した人 蜂谷涼氏著は小樽を背景にした 明治大正のころの小説を書かれています その中に出てくる人でしょう?Img_0910  Img_0909 Img_0908はっきりしなくてゴメン! 観光案内所も倉庫の一角

にあります。もう一つ賑やかな方に戻ると  銀行が立ち並ぶ一角に 日本銀行旧小樽支店が在ります、上の方に フクロウの装飾が飾られているのが見えるでしょうかImg_0913。これで北海道も最後 スケール大きな風景と目に鮮やかな緑の大地 ありがとう。 Img_0914 Img_0916  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »