« 北海道へ Ⅴ | トップページ | 美具久留御魂神社 »

北海道へ Ⅵ

定山渓から小樽に、以前冬に来たことがありますが あまりに寒くて歩き廻らなかったから 今日は観光客が行かない 北運河と旧日本郵船小樽支店の方へ歩きます。月曜なのですべて休館 建物の中にははいれません残念。前は公園になってるし、途中石作りの倉庫が並んでるのに、こちらには人が来ませんナンデダロー?写真は北公園と旧日本郵船小樽支店 小樽港の防波堤を設計した人 蜂谷涼氏著は小樽を背景にした 明治大正のころの小説を書かれています その中に出てくる人でしょう?Img_0910  Img_0909 Img_0908はっきりしなくてゴメン! 観光案内所も倉庫の一角

にあります。もう一つ賑やかな方に戻ると  銀行が立ち並ぶ一角に 日本銀行旧小樽支店が在ります、上の方に フクロウの装飾が飾られているのが見えるでしょうかImg_0913。これで北海道も最後 スケール大きな風景と目に鮮やかな緑の大地 ありがとう。 Img_0914 Img_0916  

|

« 北海道へ Ⅴ | トップページ | 美具久留御魂神社 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/2455421

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道へ Ⅵ:

« 北海道へ Ⅴ | トップページ | 美具久留御魂神社 »