« 定点観測 Ⅳ | トップページ | 南方熊楠記念館 その2 »

南方熊楠記念館

南紀白浜まで阪和道で3時間弱のドライブに

気分はルンルン、なぜかと言えば車の後ろに

プラモの飛行機が鎮座されてる訳で、その名は

97式飛行艇 (川西航空機製作所、現新明和工業)

昭和11年7月に初飛行しました。飛行艇は海の

上から飛び上がります、だから海がバックに必要

なんです。Photo_2

こんな感じで

アングルを考えて

いっぱい撮りました。

サオの先に釣り糸を

わたして飛行機を

吊るします、これが

前の写真なのでした。水飛沫を上げる迫力の

あるシーンは無理ですね。でも白浜まで運んだ

甲斐は有りました。

|

« 定点観測 Ⅳ | トップページ | 南方熊楠記念館 その2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
おお、メイキング画像ですね。
こういう撮影の舞台裏を見る機会はなかなかないので、貴重な画像かも。

投稿: 躍人 | 2006年9月29日 (金) 23時25分

こんばんは
ふむふむ、こうやって撮っていたんですか。
なんだかコレはコレでとても楽しそうですね。
飛行機にはどのように糸をつけるのですか?
瞬着かなあ?

投稿: ドカ山 | 2006年9月29日 (金) 23時40分

アシスタントの美人は誰?
どうもrocketeerです。
昨日はコメントをいただきありがとうございました。
97式のエルロンについて記事をアップしてみましたので、お時間あるときにでもご笑覧ください

投稿: rocketeer | 2006年9月30日 (土) 11時39分

躍人さん こんにちわ 日本女子
オープン雨でご苦労さんです、ギャラリーの方々も。舞台裏が判ってしまい がっかりされたのでは
娘が良く手伝ってくれました。

投稿: あきみず | 2006年10月 1日 (日) 14時49分

ドカ山さんこんにちわ 今まで
こんな写真は撮ったこと無かった
のでどうなるかと思いましたが
人がいたら、恥ずかしくて出来なかったでしょう、誰も居なかったので子供もてつだってくれました。機体は0.3号のテグスを
わっかにして 胴体後ろと前の
エンジン内側2個と胴体下から
吊ってるだけで接着してません。
棒の方はテープでテグスがずれない様にしてます。

投稿: あきみず | 2006年10月 1日 (日) 15時03分

rocketeerさんコメントありがとう 97式のエルロンよく判りました もっと早くrocketeerさんのブログを見つけておけば良かったのに、rを上からずーと探していたんです見つからないので途中寄り道したりして、そしたら一番
最後だったにやっと気が付きました、笑。アシスタントは娘でして
よく手伝ってくれました。 

投稿: あきみず | 2006年10月 1日 (日) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/3630235

この記事へのトラックバック一覧です: 南方熊楠記念館:

« 定点観測 Ⅳ | トップページ | 南方熊楠記念館 その2 »