« 早大エジプト発掘40年展 | トップページ | 南禅寺から永観堂 »

琵琶湖疏水

京都駅から地下鉄で蹴上駅まで いくと

道路を挟んだ向こう側に線路が

2本その幅の広いこと。   琵琶湖疏水の建設

Img_1480 これは疎水の水力で発電し

工場を興し、船で物資の

流通を盛んにする計画

なのです。

Img_1479 上の写真にある線路は

物資を積んだ船をそのまま

トロッコに水の上で乗せ

ケーブルカーの様に

ワイアーで引っ張りあげて、上の舟溜まりに

運ぶ線路なのでした。名前をインクライン

呼んでいます。京都に良く来てたのに

初めて知ったのは、琵琶湖疏水記念館

おかげです、南禅寺水路閣

Img_1487 前から知って

いたのですが

左のアーチの

上を哲学の道

Img_1490 横を流れる疎水分線

が流れています。

明治の初めにこの様な

工事が行われたのです。

Img_1496 南禅寺境内のほん横の

山側に有り、本堂や三門

に融け込んで少しの

違和感もなくたたずんで

いるのです。

|

« 早大エジプト発掘40年展 | トップページ | 南禅寺から永観堂 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/3814184

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖疏水:

« 早大エジプト発掘40年展 | トップページ | 南禅寺から永観堂 »