« イギリスの旅 その1回目 | トップページ | イギリスの旅 その2回目 »

林家一門顔見世興行

新春吉例 林家一門の落語会が

ありました、なんばワッハホール

に、この落語会で新年を感じます

落語の半分はお客さんのイメージ

による想像力で、噺家の話術が

成り立っているとゆう 染丸師匠

話がありまして、お客さんの協力

が無ければ成り立たないという

結論でした。若い人達も、よく頑張って

いるのが、見えてきます。こういう楽しみ

がわかるようになったのも、自分が歳を

とったからかなぁと考えます。二部の歌と

コントでつづる も今までと違う一面を

見せてもらったもので、ひたしみがもてます

今年もいっそうの活躍を、期待しています。

この後 新年会もあったのですが、残念ながら

行ってません。

|

« イギリスの旅 その1回目 | トップページ | イギリスの旅 その2回目 »

「落語会」カテゴリの記事

コメント

イギリスの歴史はあまり詳しくは無いのですが、エリザベス1世とか、メアリ・スチュワートやヘンリー8世の話とか聞きかじっていて、6月には、ツアーで回ってこようと思っています。最近はツアーばかり。荷物を持たずに能率よく回れますが、なにしろ忙しい。でも、お安いから・・・スケッチをするのも忙しいですよ。

投稿: 山口ももり | 2007年1月15日 (月) 23時34分

ももりさん こんばんわ 一度行かれてますから、のんびり廻って来られたら良いと思います、ツアーはいそがしいのでゆっくりスケッチする時間が
とれるといいですね。陽の当たる時期に出かけられてきれいな、花やイングリッシュ・ガーデンを楽しんできてください。

投稿: あきみず | 2007年1月16日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/4930596

この記事へのトラックバック一覧です: 林家一門顔見世興行:

« イギリスの旅 その1回目 | トップページ | イギリスの旅 その2回目 »