« 上海から | トップページ | イギリスの旅 その6回目 »

フィンランド G50 その2

Img_0167 茶色ぽいのが

AML 白いのが

アァーフィックス製

のG50です。

Img_0169 AMLはやはり

手ごわい使い手

で垂直、水平

尾翼が取り付け

Img_0170 穴もなく適当に

取り付けましょう

ばかりに構成されて

います。コンバーチブル

か解らない程使わない部品があるのに、どれを

使うのかはお任せとわ?エアーフィックスは

上半角が0度なのでテープ矯正してやります

写真を見てるだけで楽しいです。

|

« 上海から | トップページ | イギリスの旅 その6回目 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
同時期に同じ機種をメーカー違いで作るのは
なかなか面白そうですね。
行き詰った時も上手く転換が図れそうな気がします。
こうしてみるとエアフィックスも意外と健闘してますね。
製作記、楽しみにしてます。

投稿: ドカ山 | 2007年2月17日 (土) 23時33分

こんばんは
上反角ゼロとはエアフィクスも思い切りますね(笑
一長一短あるでしょうが、どちらもスタイルは良さそうですね。

投稿: 躍人 | 2007年2月18日 (日) 00時54分

ドカ山さん こんばんわ お互いを
比較できて、楽しめます。どちらも
手ごわいですが、工作を、塗装をと
二度美味しく味わっております

投稿: あきみず | 2007年2月18日 (日) 21時08分

躍人さん こんばんわ G50のスタイルがひとコブラクダのように、操縦席が盛り上がって変わっているので、どちらも特徴をとらえています あまり
細かい事を言わずそのまま組み上げます

投稿: あきみず | 2007年2月18日 (日) 21時18分

こんばんはー

AMLのキットは
プラの材質がビニールっぽくて
ちょっとガサついているっちゅー
妙な材質が
キットを組み難くしている要因な気も致します

この画像を見ると機体のシルエットは凄く
カッコイイですね
完成が楽しみでゴザイマスー(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2007年2月20日 (火) 01時30分

しょぼんぬさん コメントありがとうございます そうですね表面の磨きが
良くないみたいでザラついてます。
ランナーゲートも分厚く整形が大変でした、G50のスキーを履いてる写真は
見ないので心配ですが、レジンの部品が付いてるので取り合えず一つはこれでいきます。

投稿: あきみず | 2007年2月20日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/5380010

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド G50 その2:

« 上海から | トップページ | イギリスの旅 その6回目 »