« 天満天神繁昌亭 Ⅱ | トップページ | ノモンハンの飛行機 »

イギリスの旅 その8回目

Img_2246 ボートン・オン・ザ・ウォーター

に2泊して、A429を南下して

ストーンヘンジに、草原の

中に 石組みが現れて

Img_2243 周りにいっさい建物が

ありません、チケット売り場

やショップは地下になり

景観を損なわないのは

Img_2260 さすがです。ここから

ウィンザーに高速道路

と国道で戻ります、

ウィンザー城は

英国王室の歴史が刻まれています、

大勢の人が見学に訪れて、人気の

高さが伺えます、王室の権威と装飾が

見る人を圧倒します。Img_2264

ここでも時間が

取れません

半日以上は

Img_2265 時間を都合して

まわるように

して下さい。

レンターカーを

返して、バスでロンドンに向います。

今日も長い一日でした、

|

« 天満天神繁昌亭 Ⅱ | トップページ | ノモンハンの飛行機 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
ストーンヘンジにもチケット売り場やショップがあるんですね…知りませんでした。

投稿: 躍人 | 2007年3月19日 (月) 23時16分

躍人さんコメントありがとうございます 日本で言えば 飛鳥の石舞台が同じような雰囲気です 本当に草原の中
にポツンと建ってます周りは何もなく
羊が放牧されてるだけです それなりの規制があるのでしょうけど よく
維持されていました。

投稿: あきみず | 2007年3月22日 (木) 20時19分

イギリス、いいなあ!!!6月には行こうって言ってた主人の予定がどうも、怪しくなってきました。ノモンハンのブログにとても、興味深い記事っをお寄せ下さいました。わたしの読んだ本には、日本軍の戦闘機が、よく戦っていた(最初の間だけ)とでています。圧倒的な敵の火力を知りもせず、サイダーの飲み終わった瓶にガソリンを詰めた火炎瓶で、裸で攻撃。酷い!!!指導者のレベルとモラルが酷すぎます。辻参謀って、その後も同じ罪を犯し、結局行方不明になっていたかと???ちょっとウロ覚えですが。

投稿: 山口ももり | 2007年3月23日 (金) 08時59分

もうすぐクロアチア、スロベニアに
出かけられるのでしょう、わくわく
どきどきで一番緊張しておられる様子
が、伝わってきます。イギリスには
一人ででも行かれるのですか。ノモンハンの航空戦は初戦格戦闘で圧倒しましたが、相手も大敗の戦訓から、高空
から急降下してそのまま離脱する戦法に変えました その為に被害が増えたのに、それを戦訓として生かさなかった おごりがあります

投稿: あきみず | 2007年3月23日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/5745954

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの旅 その8回目:

« 天満天神繁昌亭 Ⅱ | トップページ | ノモンハンの飛行機 »