« 今城塚古墳 | トップページ | 京都水彩展と横田さん写真展 »

フィンランド G50 その3

Img_0180 エンジンとカウリング

の取り付けですが

AML,エァーフィックス

共に胴体との位置

Img_0263 決めがキッチリと

しません、カウリング

を削り胴体下面に

合うようにします

Img_0267 スキーを付ける方は

脚室を塞ぐようで

取り合えづ蓋します

イタリアから送られた

そのままの塗装でサンドの上にグリーンと

ブラウンをスポットで乗せていきます、片方は

標準のフィン迷彩で仕上げる予定です。

|

« 今城塚古墳 | トップページ | 京都水彩展と横田さん写真展 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
G50に標準フィン迷彩機ってあるんですね。
知りませんでした。
サンドベースのカラーの作例しか見たことないもので(汗
こういう作り比べは楽しそうですね!
がんばってください。

投稿: 躍人 | 2007年3月 8日 (木) 23時17分

こんばんは
楽しく進んでいる御様子。
見ている我々も楽しくなってきますw
スキー付きの機体は脚収納庫を閉じてるのですか。空気抵抗低減の為でしょうか?

投稿: ドカ山 | 2007年3月 9日 (金) 00時58分

こんばんはー

同じ飛行機なのに
色が違うだけで全然印象が変わりますねえ
色違いの機体を並べて楽しめる
っちゅーのは模型の醍醐味ですねえ(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2007年3月 9日 (金) 20時08分

エァーフィックスのキットはビニール
入りの大昔のやつで、フィンランドの
デカールが72のが無かったんで、AMLのを買ったんです、セクターの48が良かったのでフィン仕様で作りたかったんです、G50はフィンランドの方が活躍したのではないでしょうか?

投稿: あきみず | 2007年3月 9日 (金) 20時56分

ドカ山さん こんばんわ 資料は無いので解らないのですが,箱絵には脚カバーが閉められており別パーツの蓋が
付いてました、主脚は外していたのではないかなと思います、

投稿: あきみず | 2007年3月 9日 (金) 21時07分

しょぼんぬさん こんばんわ フィンランドの飛行機はいろんな事を楽しめます、本家と違う塗装があり、多くの
機種があり、夏と冬用に衣替えをする
し、エースも輩出してるので楽しいです。

投稿: あきみず | 2007年3月 9日 (金) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/5617849

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド G50 その3:

« 今城塚古墳 | トップページ | 京都水彩展と横田さん写真展 »