« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

山田寺跡

Img_1788 飛鳥資料館で玄武を見た後

歩いて15分程の所に山田寺跡

があります、車で入り口の前は

Img_1791 通るのですがここまで来たのは

初めてなんです。きれいに整備

されて気持ちがやすらぎます。

Img_1789 興福寺国宝館に展示されている

山田寺仏頭はなんとも言えない

美しいお顔をされてます ですので

Img_1790 一度訪ねておきたいと思ってました

資料館に仏頭のレプリカがあります

それに回廊の復元された展示もあり

Img_1780 先に見学してから来ましたので、位置

関係がよくわかります。9月に山田寺

特別展も開かれるそうで楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キトラ古墳 玄武

Img_1784 27日に飛鳥資料館で公開

されているキチラ古墳 玄武を

見んに朝早く出たのですが

Img_1781 外の列は少なかったのに

120分待ちなのです

左は壁画を剥ぎ取った

ダイヤモンドワイャーソウです きっちりと

タミヤのロゴがはいっています、こんなとこで

逢うなんてびっくりです。

玄武までの長い間、資料館の展示物を見ながら

ゆっくりと進みます、これはいいアイデアです

飛鳥の出土品はみんなすばらしいものばかりで

待ってるのを忘れさせてくれます

玄武の前は一人づつ見れるようになってます

思ったより小さい絵ですが きれいな線と色が

すばらしいでした。高松塚古墳の壁画も早く

見たいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

林家染語楼 追善落語会

Img_1778 繁昌亭の横が天満の天神さんで

チョット時間があったのから、ぐるっと

まわりました ゆっくり見て廻るのは

Img_1775 初めてでこんな由来もしりません

でした。戦争のつめ跡はこんな所

にもあったのです 両側の灯篭が

これで屋根の上に鯉がのってるのが、見えますか

Img_1771 繁昌亭は林家一門が総出と

なり 桂春団治、露の五郎兵衛

師匠を迎えて盛り上がります

Img_1779 染語楼さんは去年の1月に

最後の舞台を見ただけですが

三代目の活躍された昭和27年

当時の話は貴重な?事柄ばかりで、楽しませて

もらいました 一門の若手もますます話しに

厚みも増して聞かせてもらえました。

これからも精進してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィンランド MiG21 完成

Img_1668 フィンランドのMIG21ができました

カレンダーと同じようにはいきません

がこんな感じでどうでしょう。

Img_1661本当に久しぶりの現代機ですので

スピード感がないのっぺりした仕上がり

になりました。MIG21は意外とコンパクト

Img_1665 な設計です、軽量で機動性をねらってる

のでしょう、第24戦隊のシンボル 黒い

山猫を引き継いでいるのは、当時の

Img_1657 意気込みを今に伝えるために、採用

されたものかな?ブルーステルと比べ

ても 大きさが分かります。この時代の

ジェット機もいい味がありました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

イギリスの旅 その13回目

Img_2753 RAF Museum LONDON その

2回目 バトル・オブ・ブリティン館

は真っ暗な中に、夜間戦闘機と

Img_2755 爆撃機が雰囲気を出すように

置かれているのですが、おおきな

フラッシュがなければ光が届きません

Img_2745 こういう展示は非常につらいもんが

あります。近寄らないときれいに

写りませんから、細部ばかりに

Img_2731 目がいきます。同じ所で一眼レフ

とフラッシュを持った方がおられて

これは苦労しますねと話?ました

Img_2757 夜間戦闘機は闇の中でこそ本領を

発揮するので、明るいところでは

力強さを見せられないのでしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1/72 零戦 32 21 その2

P1020258 フィンランドのBf109をさわりで

ふれて 次に零戦に行こうと

思ったのに。タミヤの1/72 32型

が出てきました、それとアリイの21型があったので

昔をなつかしんで、作ってみます。まづ操縦席に、止まり木

が2本だけのシンプル、当時はこれで十分だったのでしょう

それらしく床と計器版、座席をつくりましょう。主翼下面の

脚収納部がつうつうなのでパテで仕切りをもうけます

当時はこれで満足していたんですから すなおだったん

ですね ぱっぱとひっけてデカールを貼ったら ハイ出来上がり

とゆう具合にやってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/72 零戦 32 21

Img_0693 ファイン・モールドのBf109

をさっそく買ってきました

フィンランド空軍のデカールと

ボックスアートがなによりの、宝物ですから。

1944年9月4日の

ソ連との講和休戦により 1918年以来使ってきた

青い鉤十字の廃止を強要され、フィンランド空軍は

青と白のラウンデルになり 昨日の友ドイツ軍との

戦いが45年1月まで続く事になるのです。

小国のかなしさですが、見極めがきっちりしてます。

やはり青い鉤十字が 一番似合うのですが

みなさんいかがでしょうか。

零戦の話が出ませんでした 次の機会にします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イギリスの旅 その11回目

Img_2497 ロンドンから地下鉄Northern線の

Colindale駅で降りまして、静かな

住宅街を歩いて12分程で RAF

Img_2501 Museumにつきます ここにも

日本機がそれはうつくしく復元されて

展示されています。そのほか本当に

Img_2628 天にも昇る気持ちで館内をめぐり

写真を撮りまくりました。日本では

考えられない内容で、豊富な展示機

Img_2565 と立派な施設など一日ではゆっくり

見て廻れません。

この日本機は、川崎 Ki100 五式戦

です、この機体もよく私達のまえに その勇姿を伝えて

くれました これからも世界の人にその優雅なすがたを

しめしてください。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

孝恩寺 釘無堂

Img_0496 大阪府貝塚市木積の釘無堂は

いつも通る細い道の横に入った

奥にあります この辺りに国宝の

Img_0497 建物があるのは、新聞?で知ってましたが

あらためて見る時間が無かったので

やっと立ち寄る事ができました 車を

Img_0498 置くスペースがなかったので、前の

文化館に止めさせてもらいました。

中も拝観できると思ってたのですが

Img_0500 前もって連絡がいるみたいでした

岡と畑の村中にひっそりと、たたずんで

おり 静かなひと時でした

いつも傍を通るところに、このような建造物があるのを

改めてみなおしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィンランド MiG21 5回目

Img_0685 前回のぼけた写真からは

わからなので カメラが返ってきた

のでこんな具合になってますと

Img_0686 載せさせてもらいました マスキング

テープをきっちりして紙をのせるのかな

これも勉強です あとは筆でごまかす

Img_0688 だけですがボカシが残せるように

タッチアップします 裏面にもまわって

るので手がかかりますが こういうのは

Img_0691 得意なので、なんとかなるでしょう

同じような写真ばっかりで 申し訳ない

ですが この連休中になんとかしたいです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »