« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

落語 艶笑噺大会

Img_2140 7月の落語会は艶笑噺

なにが飛び出すのやらと

期待を持って寄せてもらいました

が、高座では聞けない噺をお座敷

で芸子さんも入れて4,5人で聞く

Img_2138 のが本当で 大勢さんの前で

やるもんではないそうです。

桂 春若さんの 落語家は

O型が一番多いという話、B型がまるでだめで

唯一 桂 枝雀 師匠だけだそうです。ちなみに

O型は、松鶴、米朝、三枝、ざこば 師匠方だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミヤ 零戦32型

Img_2121 タミヤの零戦32型が完成しました

デカールをハセガワさんに頼んで

送ってもらいました この報国号

Img_2120 のステンシルはどうにも手が出ない

ので、助かります。実はケイトレーディング

のデカール用紙を買ってきましたが

Img_2124_1 作る機会を逃しました、もっと負い

込まないとやれないものなのかも

キットはやはり時代を感じさせて

今一つピリットしません、もっと気合を入れてやる

べきです。あとハセガワの21型がもう一つ残って

ますもう少しで終わります。さて次ですが

Img_2125_1 フジミの1/72 96式艦上

戦闘機をトライしてみようと

思います、零戦の設計者

堀越技師の快心作となる機体です、日模の

96艦戦が出たときの喝采は今でも忘れません

それほどの衝撃のあるひとコマでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

栄山寺 その2

Img_2089 栄山寺のもう一つの国宝

梵鐘ですが鐘楼はコンクリート

作りでいささかおもむきに

かけます 木造の4本柱が

周りの風景にマッチするのですが

Img_2091 この梵鐘を守る為には、しょうが

ないのかも知れません。

境内の一隅に石塔婆とよばれる

Img_2092  石造塔があります たしかに

時代をかんじさせるつくりで

長い間の風雪を耐えてきた

すごさを持ってます。

栄山寺の裏山は(本堂の奥)

Img_2104 公園になっており木々に囲まれた

急な階段をいっきに登ると、視界が

開けて、吉野川から五条が見渡せます

Img_2105_1 その頂上から一つ向こうに

藤原武智麻呂の墓があります

これと同じような墓は松阪市の

本居宣長 奥墓がこんな感じ

だったのを覚えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄山寺 その1

Img_2101 奈良県五條市に栄山寺

訪れました 吉野川のそばに

あるひなびた静かなお寺です

Img_2093 ここにも二つの国宝があります

なぜか名古屋、福井ナンバーの

車が止まっていました そんなに

Img_2099 地方では有名なのでしょうか

八角円堂の内陣柱天蓋には、往時の

 極彩色壁画が残っていますが

Img_2097 剥落がはげしくほとんど分からない

状態になってます。内陣のなかは

建物の構造がよくわかります、

興福寺北円堂も法隆寺夢殿も同じようにみえます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウィンブルドンから

今日は0時10分から、ウィンブルドンテニスを

見ました シャラポアと杉山両者が一度に見れて

ウィンブルドンも久しぶりです、いい勝負でしたが

テニスもアメリカンフットボールと同じようにチャレンジ

が導入されて、審判の判断がくつがえります 杉山さん

には気の毒でした今一つすっきりしません。シャラポアの

サーブの横目はいつもゾクっとさせられます。その昔

シュフティグラフがナブラチロアと対戦した時、以来の

ファンなんです 雨で中断した時もじっと待ってたもんです。

このあと6時から全米オープンの宮里、横峰のプレーを

見てメジャーの試合は違うなぁー楽しみました。まだあります

8時からヤンキースの井川が先発で投げるのを 阪神の時と

ちっとも変わってへんやん とモウチョッとピリッとせんこと

には ナインの信頼を得られへんで と見守るのでした。

それにしても海外で活躍する日本人にエールを送ります

桑田くん がんばれよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »