« 彦八 まつり 07・9・2 | トップページ | 英語落語の会 »

 航空母艦 飛龍 にて Ⅰ

Img_2478 やっと艦橋が出来たので早速

勝浦までやって来て撮影となりました

甲板ももっとそれらしくラインも入れて

Img_2480 やるべきで、かなりの手抜きがそこいらに

みえます。スケールアヴィェーションに

40代の主婦の方がプラモと恋に落ちた

Img_2491 記事がでており、琴線に触れた想いで

読みました 確かにいろんな歴史や

技術者、パイロツト、の物語 開発、実戦

Img_2456 経過も模型作りに付随して知る事が

できました。航空母艦 飛龍 は昭和

14年竣工から17年6月ミッドウエー

Img_2450 海戦で戦没するまでの短い生涯でした

ミッドウエー海戦の戦史、飛龍と運命を

共にした司令官山口多聞少将の物語

Img_2468 等どこまでも思いはつきません。零戦の

尾翼にBⅡ-110とあるのが飛龍第4

中隊第6小隊1番機 岡嶋清熊大尉乗機

(モデルアート真珠湾攻撃隊より) BⅡが飛龍 BⅠ 蒼龍

AⅠ 赤城 AⅡ 加賀 と決められていました 

もっともっと手を入れなければ せめてフィギアの数名も

有ればもっと動きが表現されたのに、いっぱい課題が

残りました。

|

« 彦八 まつり 07・9・2 | トップページ | 英語落語の会 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
す、すごい!!
ちゃんと飛龍のアイランドだ!
バックが海なのも手伝って、最高の情景ですね!

投稿: 躍人 | 2007年9月 3日 (月) 23時36分

山口多聞さんは、けっこう愛妻家だったようで・・・
意外なエピソードも、魅力的ですよね。
いろんな背景に想いをはせながらの
モデリングは充実しますね!

投稿: 店長 | 2007年9月 3日 (月) 23時50分

自然光の撮影なのでなかなか雰囲気がでてますよね。出撃前ってかんじです。制動索とかいろいろ付け加えたくなりますよね。楽しみにしています。ちなみにこの艦橋の材料は何で作られているのですか?

投稿: 腹ペコ | 2007年9月 4日 (火) 23時33分

躍人さんコメントありがとうございます あまりピントが合うといけないので ぼかしてます もって行く間に部品が取れてなくなってたりで、イメージしてた
割には出来上がりが今一でがっかりです。空だけでは物足らないので丁度旅行に行く予定だったので、なんとか間に合わせて車に積んできました

投稿: あきみず | 2007年9月 5日 (水) 20時17分

店長さんコメントありがとうございます 山口宗敏著
父山口多聞 を読みました すごいラブレターでこれがあの人物と一致しません 家では普通のお父さんなんです 総員退艦後の味方駆逐艦から魚雷を受けた時飛龍機関室から脱出されてボートでさまよい米軍に救助された方々の話しは初めて知ったしだいです。
ですから飛龍と瑞鶴が好きな空母です

投稿: あきみず | 2007年9月 5日 (水) 20時34分

腹ペコさんコメントありがとうございます これはボール紙で日模の1/350飛龍艦橋から72に拡大して作ってます あと丸スペシャル 日本の空母をみて
それらしく作ったのですが マストやら整備員が整列してたらそれらしくなったと思います。

投稿: あきみず | 2007年9月 5日 (水) 20時45分

こんばんは。

72の空母ですか! 大きそうですね。
自然光での撮影とも相まって、なかなかの雰囲気です。
とてもボール紙で出来ているようには見えませんね。

投稿: 雪風 | 2007年9月 6日 (木) 23時31分

雪風さんコメントありがとうございます 板に貼り付けた艦橋で運んでる途中に部品を無くしてしまいそのままで撮ってます やはり人物があれば良かったと
思いますが いままでパイロットも乗せたことがなかったのでフィギアを作り方もわかりません みなさんのを参考に努力します。

投稿: あきみず | 2007年9月 8日 (土) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/7794897

この記事へのトラックバック一覧です:  航空母艦 飛龍 にて Ⅰ:

« 彦八 まつり 07・9・2 | トップページ | 英語落語の会 »