« 桂あさ吉 お噺会 | トップページ | 大阪三休橋筋 その3 »

BAC ライトニング Fw190 その5

Img_2666 まずハセガワ72のFw190

出来ました プリラー少佐の

パーソナルマークや機番13

Img_2673 がキッチリと決まれば良かった

のですがうまく決まりませんでした

デカール作りも徐々に良くなるように

Img_2676 努力します もう1機は80年代に

作ったものでABTのデカールにある

塗装をそのままで作ってます、それし

Img_2681 か資料が無かったので何の違和感

もなしにやってます。フィギアの製作も

今までパイロットを乗せなかったので

Img_2669 重要なアイテムと思ってなかった

ので、動作や塗装、雰囲気が

掴めませんのでこれからの

課題になりそうです。BACライトニングにかかり

ますが、これもデカールを作らないといけません

果たしてどうなりますやら・・・・・

|

« 桂あさ吉 お噺会 | トップページ | 大阪三休橋筋 その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

完成オメデトウございます。
筆塗りの良い“味”が伝わってくる作品ですね!
黄色とか綺麗に発色していてオドロキました。

投稿: 躍人 | 2007年10月 6日 (土) 22時58分

人間も模型なの???

投稿: 山口ももり | 2007年10月 7日 (日) 11時38分

躍人さんいつもコメントありがとうございます 室内で撮るとバックが処理できないので、直射日光の下で
空をバックにしました。会社の屋上だと建物がクリアーされるので雲があればよかったのに残念です。ブラシはやめて筆塗りでしばらくやろうと思ってます
どちらもむつかしいので慣れたほうで楽しみます

投稿: あきみず | 2007年10月 8日 (月) 13時24分

ももりさんいつもコメントありがとうございます 
人間も模型なんですフィギアといって、パイロット、整備員、の一連の動作をついたのがあります また牛、馬、犬 の動物が添えられると又情景がかわります これをジオラマといって一つの複合した世界を
作り上げます 私はできないので、これでお茶を濁します 

投稿: あきみず | 2007年10月 8日 (月) 13時36分

青空のもとでの撮影は特に飛行機の場合はいいですね~。今度挑戦してみようかな・・・。私はブラシの環境がちょっと厳しいので筆職人+野外スプレーでがんばります(^^)模型屋のオヤジが「いまはブラシじゃないと駄目だなんて雰囲気だけど筆塗りでも大丈夫!楽しんで!」とのことでしたよ。お互い楽しみましょう。小生は次はドイツの三号戦車にしようと思ってます。

投稿: 腹ペコ | 2007年10月 8日 (月) 23時10分

腹ペコさんコメントありがとうございます 筆塗りが見直されてるといいますか、直ぐにかかれるし、場所も選ばないので 自分が楽しめればいいのですから このパターンで行きましょう。次の三号戦車を楽しみにしてます、がんばってください

投稿: あきみず | 2007年10月 9日 (火) 19時54分

コメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

FW190ですがパイロットフィギアがあるだけで雰囲気が変わりますね。デカールも自作されるようですが過程も見せていただけると参考になります。次作ライトニングとのことですが、好きな機体ですので期待しています。

投稿: キャノピー | 2007年10月 9日 (火) 21時19分

キャノピーさんコメントありがとうございます ライトニングはFw190と平行して作っていましたので
塗装まで出来ました あとデカールを作らないといけないのですが、できるだけ過程が解るようにします
これからもよろしくお願いします

投稿: あきみず | 2007年10月10日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/8270407

この記事へのトラックバック一覧です: BAC ライトニング Fw190 その5:

« 桂あさ吉 お噺会 | トップページ | 大阪三休橋筋 その3 »