« BAC ライトニング Fw190 その4 | トップページ | BAC ライトニング Fw190 その5 »

桂あさ吉 お噺会

大阪天満橋にあります 平穏亭で桂あさ吉さんの

落語会がありました。 先日の英語落語で初めて

顔合わして、じっくりと聞かせてもらおうとやってきました

40席弱のこじんまりした寄席ですが、若い人がほとんどを

占めて膝を突き合わせての噺会になりました。雀五郎さんの

牛ほめ 遜色なく稽古されて良かったです あさ吉さんは

NY公演の話とNYカーの英会話が早すぎて聞き取れないことを

教えてもらいました。まず英語落語の The Zoo を桂かい枝

さんとはまくらの部分が違っておりおのおの工夫をされている

のが解ります さすがに話は滑らかな英語でテンポよくすすみます

これが英語に親しむ一つとなることだと考えられます。ですから

小学校、中学校と話に回っているのが嬉ですね。 動物園、

桃太郎、いらち車と英語でもイメージできる話ですから かた

こと解っただけで所作で笑えます。次は茶の湯 これも古典に近い

けど古い新作です ほんとにまじかな距離での噺は客席と一体に

なります これからも精進して大きくなってもらいたいです。

|

« BAC ライトニング Fw190 その4 | トップページ | BAC ライトニング Fw190 その5 »

「落語会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
落語とか生で聞きたいのですが、地方ではそんな機会になかなか恵まれません。
エンターテイメントの地域格差をなんとかして欲しい今日この頃…

投稿: 躍人 | 2007年10月 4日 (木) 22時31分

へ・え・え・・・えらいなあ。行ってみたくなります。バベルの塔を天まで届けと人間が神に対抗して、建てた時、神は、自分の領域を侵そうとした人間共を罰するために、言葉をバラバラにして、意思疎通ができなくしたんですって。英語だって、話す人ごとに違うような気がして・・・・ほんと、難しいです。

投稿: 山口ももり | 2007年10月 5日 (金) 19時06分

躍人さんこんばんわ コメントありがとうがざいます
若手の人はなかなか地方には出れないようです 地域のあらゆる場所で地道に活動しているのを、少しでも助けてあげたいし、だんだん力をつけていくのを見守るのも一つかと思います

投稿: あきみず | 2007年10月 6日 (土) 19時40分

ももりさんいつもコメントありがとうございます
新人が少しづつ努力して成長して行くのを見るのは
自分への励ましにもなると思っています どこかで
英語とかかわりをもてるようにしておきたい気持が
あるので応援したいです 

投稿: あきみず | 2007年10月 6日 (土) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/8242775

この記事へのトラックバック一覧です: 桂あさ吉 お噺会:

« BAC ライトニング Fw190 その4 | トップページ | BAC ライトニング Fw190 その5 »