« 至高のゼロ  そのⅠ | トップページ | Bf109祭り その1 »

至高のゼロ  そのⅡ

Img_2917 操縦席ができました 計器版の

デカールを貼るのはなかなか

至難の技ですが虫メガネを使って

Img_2920 落ち着きました。座席の固定も

アームに載せるのがキッチリ

すり合わせないと上手くいきません

Img_2914 胴体側にも部品が付きます エンジンも

きっちりフィンが付いてバリだけは

取らないと実感が出ません

Img_2124 コスフォードの栄です こんな時に

役に立ちました タミヤの32の21型

が参考にしてます 組み上げると

Img_2125 見えなくなりますが、できるだけ

製作を楽しみましょう 手を入れると

キリがないですが、製作の実感が

わきます12月号の製作記事は実機写真がいいのを

揃えてあり意欲が出てきます、FMの鈴木社長の

インタビューも良く解り面白かったです。私も金型の

仕事に携わっており共感するところがあります。

|

« 至高のゼロ  そのⅠ | トップページ | Bf109祭り その1 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
順調に進んでいますね。
私のほうはまだコックピットも出来ていません。
FMの零戦はデティールも細かくてよく出来ていますが、モデラーが手を入れるところもあって良いキットですね。
これから、こうゆう形態のキットが増えてくるのでしょうか?。

投稿: できやん。 | 2007年10月28日 (日) 20時35分

至高のゼロ、コレは楽しめそうですね。
かくゆう私も2冊とも購入済みです。
ゆっくり少しずつ製作するには最適ですね。
じっくりとお楽しみくださいませ。

投稿: ドカ山 | 2007年10月28日 (日) 23時01分

できやんさんコメントありがとうございます その人の技量に応じて手を入れれる人は十分楽しむ事が出来そうです エンジンのエキゾースト部をシリンダにつなげられたんですね それと胴体のスリット開口は
同じようにさせて貰います 参考にさせてもらいます 

投稿: あきみず | 2007年10月29日 (月) 21時08分

ドカ山さんコメントありがとうございます とりあえず今は零戦にかかりきりで進めたいと思っています
今年は72ばかりになってしまって(飾るスペースが
無くなりつつあるので大きなのができません)
こじんまりとしたので我慢してたのです じっくり
たのしみます

投稿: あきみず | 2007年10月29日 (月) 21時42分

先ほどは「Bf109祭り」にエントリーありがとうございました。
ゆるゆるとやっていこうと思っております。
中には速攻製作派も数人おられますが(笑)

至高のゼロを製作されておられるんですね。
コックピットを拝見するだけでもかなり凝ったパーツのようですね。
こちらも楽しみです。

投稿: シミソ | 2007年10月31日 (水) 23時48分

シミソさんコメントありがとうございます 躍人さんに教えていただき早速エントリーさせていただきました。以前はドイツ機にのめり込んでいたんですが、最近は近寄らないようにしてたのです Fw190を最近作ってまた寝てる子が起きたみたいで、古いキットですが109B型で参加します、どうぞよろしく。

投稿: あきみず | 2007年11月 1日 (木) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/8641043

この記事へのトラックバック一覧です: 至高のゼロ  そのⅡ:

« 至高のゼロ  そのⅠ | トップページ | Bf109祭り その1 »