« 堺文化財特別公開 その2 | トップページ | 堺文化財特別公開 その3 »

Bf109祭り その2

Img_2986 主翼と胴体をつなぎますが

前後に隙間ができてパテを

盛りました 機首にラジエター

Img_2990 があるので主翼はのっぺり

として感じがちがいます

Img_2980 PS 検便容器のつづきです

全部で40個ありました。

一度作った色は同じのが

Img_2981 作れないので保存してます

乾燥するとこのようにすると

割れてきれいになり、新しい

Img_2985 色をまた作ります 使っている

のは全部水性塗料です。

長い間よく持ちこたえて

くれてます。 

|

« 堺文化財特別公開 その2 | トップページ | 堺文化財特別公開 その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

 あきみず様、はじめまして。

 先ほどは、書き込みありがとうございました。あまり技術も無く、四苦八苦して作っています。皆さんの作品を見て、勉強させていただくつもりです。
 至高のゼロ、もう作られているのですね。私も発売日に本屋にすっ飛んで行き買いました。1/72とは思えない素晴らしい出来ですね。作るのが楽しみです。
 今後ともよろしくお願いします。

投稿: pierre k | 2007年11月 7日 (水) 23時36分

あ、もう士の字になったんですね。
エレールはプラが柔らかい?ので扱いキットではありますね。

ぺラが2種類付いているんですね。
もしかしてB/C/D全て作れるんでしょうか?

検便容器、再利用できるとは優れものです。
塗料メーカーは瓶ではなくこういうのこそ製品化すればいいのに(笑)

投稿: シミソ | 2007年11月 7日 (水) 23時41分

pierre k さんコメントありがとうございます
私もズッート一人でやってきたので、ホントになにも
知りませんでした 皆さんの製作工程をみては感心しているしだいです 至高のゼロは細かい部品がありすぎて苦労しながら作りますが、自分のできる限りの
範囲で完成させようと思っています。

投稿: あきみず | 2007年11月 8日 (木) 20時56分

シミソさんコメントありがとうございます 操縦席は
空っぽで何もしてません 今までスジ彫りさえした事
なかったんで胴体の合わせ面で消えたとこを彫りましたカッターで目安をつけてやすりで深くしたのですが
大変でした キットはB1/C1と書いてありますがペラ以外殆ど解らないのではないでしょうか?

投稿: あきみず | 2007年11月 8日 (木) 21時10分

はじめまして。技術ナシオと申します。
至高のゼロ、僕も買いましたよ。
完成楽しみにしています。

投稿: 技術ナシオ | 2007年11月10日 (土) 16時24分

技術ナシオさんコメントありがとうございます いつの間にか零戦が好きになり 至高のゼロを作ってます
確かにこりにこってたキットです ファインに感謝します

投稿: あきみず | 2007年11月10日 (土) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/8802477

この記事へのトラックバック一覧です: Bf109祭り その2:

« 堺文化財特別公開 その2 | トップページ | 堺文化財特別公開 その3 »