« 屏風 日本の美 | トップページ | 至高のゼロ  そのⅥ »

正暦寺から恭仁宮跡

Img_3092 奈良県天理から東に

細い道を登っていくと

正暦寺に着きます

Img_3096 30数年前は人知れず

訪れる人もまばらな紅葉

の名勝でした そんな思いで

Img_3088 訪れたのですが観光バスが

入ってくるスポットになって

ました。昔の感動がなかった

Img_3104 のです 今日は山城の2ヶ所で

遺跡の現地説明会があります

左は京都府相楽郡加茂町に

Img_3101 ある浄瑠璃寺です まだ紅葉に

は早いけどいつも静寂なたたずまい

をみせています。

どちらも最初の感動が

すごい所でした。

Img_3107 ここから北に木津川を

渉ると恭仁小学校の裏に

宮跡があります ここも

Img_3109 35年前に訪れた所なの

です草木に覆われて礎石

が顔を出していたすごい

Img_3110 所でした。ここも藤原宮の

様に広い芝生で整備されて

います 山にかこまれて

木津川にめんしている

のどかな田園地帯に

Img_3127 都ができたのはナゼ

なのでしょう 当時は

大阪湾から船で琵琶湖

Img_3112 まで上れたそうで不便な

場所ではなかったで

しょうが、不思議です

Img_3120 恭仁小学校はすべて

木造の建物でよく今まで

使われてきたものです

こんな校舎を伝えて

もらいたいです

Img_3122

|

« 屏風 日本の美 | トップページ | 至高のゼロ  そのⅥ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「浄瑠璃寺」不便な所ですね。もう大分前ですが、友人達とタクシーで行ったことがあります。周囲には、確か石仏もあったような・・・キレイなお寺でした。恭仁宮のお話もその名前は、聞いたような気がしますが・・・全く知りませんでした。ブログって、ほんと、面白いですね。新しい興味がわいてきました。

投稿: 山口ももり | 2007年11月27日 (火) 07時57分

今は車ですぐに行けますが、田んぼ道を歩いてきた
ものです、道すじには石仏が迎えてもらえる
楽しみもあり、いまでもよく足をはこびます
自分の知らない場所や事柄を興味深くブログは
教えてくれますからおもしろいですね。

投稿: あきみず | 2007年11月27日 (火) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/9094065

この記事へのトラックバック一覧です: 正暦寺から恭仁宮跡:

« 屏風 日本の美 | トップページ | 至高のゼロ  そのⅥ »