« 至高のゼロ  そのⅣ | トップページ | 屏風 日本の美 »

至高のゼロ  そのⅤ

Img_3085 ファインの零戦に

エンジンとカウリングを

付けたのですが、手順

Img_3086 としてエンジンを胴体に

付けてからカウリングを

被せるのがいいみたいです

Img_3087 仮組立をもっとキッチリ

して組立方法を考えて

おけば良かったと思います

この位置決めは大変でした カウリングとエンジン

胴体の芯あわせが決めずらかったです。

メッサーBも全面RML63の、ラインハルト・ザイラー

機にします胴体のステンシルを作らないといけません

PS 今日読売テレビの世界の果てイッテQ にオセロの

松島尚美が南アのライトニングT。Mk.5に乗っている映像

がありました、民間機になった空軍機がいっぱい置いてあります

塗装は民間の派手な色が塗られています なかなか良かったです

|

« 至高のゼロ  そのⅣ | トップページ | 屏風 日本の美 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

2機同時進行ですか。

カウリングから見えるエンジンが
72とは思えないほどの出来です。
取り付け手順、参考にさせていた
だきます。

プロペラの2本線、細くていい
感じですね。塗装ですか?

投稿: pierre k | 2007年11月19日 (月) 07時04分

pierre k さんコメントありがとうございます
あんまり参考になりませんが、エンジンとカウリング
の関係はよく仮組して確認が必要です。プロペラの
赤線はデカールです これも苦労しますノリが流れないようにしないとすぐはがれます。

投稿: あきみず | 2007年11月19日 (月) 19時55分

飛行機のこと、模型の事わからないけど、ストーブやコタツで温かくして、お部屋にこもるって楽しい時間ですよね。けっこう、こうみえても、ももりもオタク。家にこもるのが大好きです。冬の夜は特に・・・ネ

投稿: 山口ももり | 2007年11月20日 (火) 08時31分

パソコンと模型作りは平日は両立しません
どちらか一方になります 本も読まないと
いけないし ちりとてちん のTVも見ないと
いけないし時間が足りません 宮城谷昌光著
孟嘗君 が今面白くて、目が離せません

投稿: あきみず | 2007年11月20日 (火) 20時45分

我が家にある、ある。「天空の舟」宮城谷昌光・・・です。何だか、読んだことがあったなあ・・・実際葉すっかり中味を忘れてしまっているのですが、面白かった印象だけはある。もう一度読み直してみようかしら。最近、読書力が減って、新しい本が中々読めません。でも、古い本を読み直すのは楽しい。「漢の武帝」吉川幸次郎・・・「山月記」李陵など・・・とても面白かった記憶・・・記憶だけ!!!・・・あります。又、読み直してみましょう。考えれば、忘れるってことも、もう一度新鮮な感動を得られるってことで、うれしい機能なんですね。

投稿: 山口ももり | 2007年11月21日 (水) 09時13分

ももりさんこんばんわ 冷たい風が吹いてます
京都はもっと寒いのではないですか そうですね
今読んでいるのは全部前に読んだ事がある本ばっかり
で、もう一度読んでも新鮮な驚きを感じます
読書も落語も頭の中で自分なりに世界を作り上げる
事ができる楽しみにがあります 今はラジオドラマが
無くなったのでテレビドラマをラジオで聞きます
手と目が離せないので。

投稿: あきみず | 2007年11月21日 (水) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/8989342

この記事へのトラックバック一覧です: 至高のゼロ  そのⅤ:

« 至高のゼロ  そのⅣ | トップページ | 屏風 日本の美 »