« 海住山寺から高麗寺跡へ | トップページ | 至高のゼロ  そのⅦ »

海住山寺から高麗寺跡へ その2

Img_3183 山城の国 木津川沿いに

二つの現地説明会が

有りました それに参加

Img_3181 したくて、正暦寺から

浄瑠璃寺、海住山寺と

欲張ってまわって来たの

でした。高麗寺跡は恭仁

宮跡の西側車で10分

Img_3164 程の田んぼの中に

あります それでも大勢の

方が見えられて関心の高さ

Img_3168 が伺えます、私と同世代の

メンバーが多いのは、仕方が

ないのかも。南門跡の向こう

に木津川が流れて行き来する

船からその存在感を表すために

Img_3167 当時使われてなかった鴟尾と

築地塀を備えた立派な門が

有ったそうです それが今回

Img_3173 発掘されてどの様な構造か

推定されるに至ったのです

左が築地塀が内側に倒れた

Img_3178_2 跡の瓦の配列がわかる遺構

だそうです 

Img_3174

|

« 海住山寺から高麗寺跡へ | トップページ | 至高のゼロ  そのⅦ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

木津川がそんなに近くて氾濫の心配はなかったのでしょうか。京都府なんでしょう???でも、わりと行きにくいところですね。堺へは、その内に、そのうちに・・・発掘現場で、アルバイトをしていた姪っ子によりますと、厳寒と酷暑の発掘現場って、そりゃあ、苛酷らしいですよ。

投稿: 山口ももり | 2007年12月 4日 (火) 09時45分

JR奈良線の上狛駅からだと高麗寺跡は近いですが、恭仁宮跡と海住山寺はJR大和路線の加茂駅からだいぶんあります一杯廻ったので車が便利でした。昔はみんな歩いて廻ったのに、若かったのですね。木津川にダムが無かったので水量も多く船が琵琶湖まで登ったそうですが洪水についてはどうだったのでしょう

投稿: あきみず | 2007年12月 5日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/9189692

この記事へのトラックバック一覧です: 海住山寺から高麗寺跡へ その2:

« 海住山寺から高麗寺跡へ | トップページ | 至高のゼロ  そのⅦ »