« 松阪 シェ・ティナ | トップページ | Bf109祭り その4 »

Bf109祭り その3

Img_3350 フロッグ1/72 Bf109 F です

かなり古いキットですが、

プロポーションは悪くないです

Img_3352 が、そこらに隙間ができるので

パテを使います。プロペラが

いかにも見苦しいので、なんとか

Img_3353 しなくては、スクラップから

部品を探します 主翼、胴体が

のっぺりしているので、スジ彫り

Img_3401 を入れに、会社のハイトゲージを

使いました ハセガワのG型を

手本に写したのですが、あまり

Img_3406 深いスジになりません 塗装を

したら分からなくなる位で、

ザイラー少佐機の写真を見ると

Img_3408 胴体のモットリングが微妙で

こんなパターンが出来るかな?

思うほどで困りました。プロペラ

Img_3407 もスピナーを切り欠いて別の

ペラを入れて裏からちょうど

良い蓋がありそれで完成しま

した。ハセガワのG型もJMCのジャンクで200円で

手に入れたものでキャノピーもあるので、フィンランド機

にしたいと急に思い立ったのです 今からいけますか?

|

« 松阪 シェ・ティナ | トップページ | Bf109祭り その4 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
先ほどはコメントありがとうございます。
今後お付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします。

古いキットはいろいろ大変そうですが味があるものが多いような気がしますがいかがなものでしょうか?
お仕事でお使いのハイトゲージ、これは便利そうな必殺武器ですね。
フロッグメッサー、まだまだ大変そうですが頑張ってください。
またメッサー祭りは1月末まで延長のようです。

投稿: kpfw | 2007年12月23日 (日) 22時45分

kpfwさん コメントありがとうございます こちらこそよろしくお願いします 当時は国産では箱の大きさに合わせてスケールを決めてたようで、エァーフィックス、レベルのをそれは憧れて手に入れたものです
コクピットはバーが二本出てるだけでこれが普通でした ハイトゲージでケガキを入れる時にキッチリ固定するのが何か考えないと一周うまくつながりませでした

投稿: あきみず | 2007年12月23日 (日) 23時22分

G型エントリーのほうは先ほど加えてきました。
こうしてみるとフロッグもなかなかスマートで良い形していますね。
バイトゲージ・・すごい秘密兵器ですね。
便利そうであります。

そういえばフロッグの箱はキャラメル箱でしたよね?

投稿: シミソ | 2007年12月24日 (月) 00時45分

シミソさん コメントありがとうございます 
さっそくエントリーして貰ってお世話をかけます
何かいくつもつくりたくなります、フィンランドの
Bf109も見のがせませんから正月のよい課題になります 接着するまえに半分ずつケガキを入れた方が
作業がやり易かったみたいです 後はそれを目安に
スジ彫りを深くするのが正解ですね。

投稿: あきみず | 2007年12月24日 (月) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/9539588

この記事へのトラックバック一覧です: Bf109祭り その3:

« 松阪 シェ・ティナ | トップページ | Bf109祭り その4 »