« 至高のゼロ  そのⅧ | トップページ | 甲子園ボール »

曼殊院から圓光寺まで その2

Img_3242 曼殊院を出て山裾の

道を進むと馬頭観音の

碑がありました そこも

真っ赤に色付いて

思いがけない出会い

Img_3236 に出くわす喜びが

ありました 何気ない

佇まいのなかに

市内を見下ろす

一角に 圓光寺が

Img_3244 あります 本堂から

眺める庭園の美しさ

にしばし見入って

Img_3246 おりました 徳川

家康公 開基という

この寺院は今まで

Img_3248 名前知らずも来た事も

なかった所ですが

すごく良かったです

Img_3255 ここにも家康の

墓が有ったなんて

ビックリです もみじ

の美しさに誘われてここまで来た甲斐が

ありました また ももりさん に案内して

頂いて京都を楽しみたいとおもいます

|

« 至高のゼロ  そのⅧ | トップページ | 甲子園ボール »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本当にご一緒したいですね。でも、ご一緒に迷子になりたいというのが正確でしょうか。嵯峨野なら、もうお任せください。京都は、迷子になって帰れなくなるって言う事は、先ずない。でも、先日、清滝で、足を踏み外して崖から落ちて、捜索とか???
 もう、西山がすっかり、オータムカラーから、朽ち落ち葉色になりました。未だ銀杏は多少残っています。どこかへフラフラと行きたいです。

投稿: 山口ももり | 2007年12月18日 (火) 08時22分

ももりさんコメントありがとうございます 
清滝で 怪我はありませんでしたか 一人で出かけられたのですかいつまでも私も若いと思っているので
怖いものは無いのですが、自重しましょう

投稿: あきみず | 2007年12月18日 (火) 21時30分

清滝で怪我・・・私のことじゃありません。新聞ダネになってました。つまりぃ・・それほど、珍しいって事でしょう。

投稿: 山口ももり | 2007年12月20日 (木) 13時53分

ももりさん こんばんわ すごい早とちりをした様で
申し訳ありません 化野念仏寺から清滝を経て愛宕山に登るコースでてっきり滑られたとおもいました
このコースはグループのハイキングでよく歩きました
落語にも愛宕山という噺があります、いま ちりとて
でもよく出てきます面白い話です。

投稿: あきみず | 2007年12月20日 (木) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/9418804

この記事へのトラックバック一覧です: 曼殊院から圓光寺まで その2:

« 至高のゼロ  そのⅧ | トップページ | 甲子園ボール »