« 京都文化博物館から | トップページ | JMC 展示会 07.12.8 »

曼殊院から圓光寺まで

Img_3201 食事の後は市役所前

からバスで松ヶ崎まで

もっと近くに行くバスも

Img_3202 あったかも解りませんが

妙法の火床を見ながら

鷺森神社につきます

Img_3235 参道からもみじの

トンネルで落ち葉の

敷かれた道を楽しむ

Img_3208事が出来ます ここ

から20分くらいで

曼殊院に着きます

門跡寺院なので

格式があります

Img_3209 築地塀に五本の

線があるのが一番

格が高いそうで。

Img_3227 庭はきれいに色

づいてそれは

心にしみる美しさ

です 縁側に座って

いると、気持が

Img_3221 癒されるように時間が

過ぎていきます

そんな意図をもって

いる庭園のつくりが

伺えます

Img_3232 陽に映えた紅葉が

つらなっている下を

歩けるのが最高でした。

|

« 京都文化博物館から | トップページ | JMC 展示会 07.12.8 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

オ・オ・オ・・・松が崎、何てなつかしい響きでしょう。松ヶ崎に私の母校があるのです。圓光寺、萬殊院へ行かれたのですね。本当に美しいでしょう。あの周辺、小道がたくさんあって、何処を歩いても綺麗です。一乗寺っていうお寺は、もうないそうです。宮本武蔵が聞いたら残念がるでしょうけど。

投稿: 山口ももり | 2007年12月 8日 (土) 23時45分

京都の紅葉、とても美しいですね。
こちらのほうでは、すっかり色褪せてしまい
ました。

寺院や日本庭園のたたずまいを見ると、日頃
バタバタしている私などは、心が静かになり
そうです。

投稿: pierre k | 2007年12月 9日 (日) 08時15分

ももりさんのブログに教えられた通りに、廻れました
本当に山裾を縫うような小道に思いがけない景色が
飛び込んできます 天気にも恵まれて?(夕方から
烈しい雨と風でその時はうまくバスの中)大勢の中に
混じって歩いてきました みんな初めて訪れる所
ばかりで気持がスッキリしました

投稿: あきみず | 2007年12月 9日 (日) 21時19分

pierre k さんコメントありがとうございます
京都まで出かけるときれいな景色に出会えますね
紅葉の庭を縁側に座ってみていると本当に心が落ち着きます、当時の人はそんな生活をしていたんでしたら
何と優雅なことだったのでしょう 日本の四季がこんなに移り変わるのを感じられる歳になったんですね

投稿: あきみず | 2007年12月 9日 (日) 21時28分

京都はほんとにきれいですね。
まだ間に合いますか?

知り合いが大沢の池で水戸黄門の撮影に立ち会えたと言ってとても喜んでいました。私もそんな目に会ってみたいです。

キツツキを見たとつれあいに話したら、コゲラだろうと言っていました。コゲラはキツツキの仲間で一番小さいそうです。都市公園の木が大きくなってきたので都市部でも見かけるようになっているそうです。
黒と白の縞模様ですぐにわかりますよ。
探してみてください。

投稿: よだきぼママ | 2007年12月10日 (月) 11時39分

よだきぼママさんコメントありがとうがざいます
15日ではもう遅いのではないでしょうか、紅葉便りが8日で終わっていますから。2回ほど旅の番組の
撮影にあいました 放送日と記念のボールペンをもらったのですが、私のところはカットされてました、みんなに知らせておいたのにがっかりでした。

投稿: あきみず | 2007年12月10日 (月) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/9295319

この記事へのトラックバック一覧です: 曼殊院から圓光寺まで:

« 京都文化博物館から | トップページ | JMC 展示会 07.12.8 »