« 飛行機をかざってます | トップページ | Bf109祭り その6 »

金剛山から千早城跡

Img_3485 金剛山に登りはじめると

直ぐに楠木正成がこもった

千早城跡に登る分かれ道

Img_3457 にかかります 帰りに寄る

ことにしてまず山頂に向い

ました ここからすぐ上に

Img_3461 伝正成首塚があります

車で来る途中に正成ゆかりの

観心寺もありそこが正成

Img_3482 首塚の本家だと思います

わき道を登ると二の丸跡に

三方を崖に囲まれて建つ

城は天然の要害を彷彿

させます 太平記の世界

Img_3483 でのシーンが浮びます

ここからの下りの階段は

すざまじい数と角度に足が

踊るほどの衝撃を受けます 登りはもっと

こたえるので、こちらに廻る人は殆ど

いないです

|

« 飛行機をかざってます | トップページ | Bf109祭り その6 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あまり詳しくはないのですが、低山には山城
の跡が結構あるようで興味深いですね。
私がよく登る近所の山(小岱山といいます)
もそうです。あるTV番組に山城マニアの人
が出ていて、今まで小さな谷だと思っていた
ところが、人工的な堀だと知りました。

投稿: pierrek | 2008年1月 9日 (水) 22時36分

楠正成ですか。そのあたり、殆ど知らないんです。でも、私の主人は日本史大好き人間ですので、又、このブログを見せておきましょう。きっと、そのうちに行こうかって言う事になりますよ。そしたら、解説付きで私も行けます。遠い所の事のように思っていましたが、急に身近になりました。

投稿: 山口ももり | 2008年1月10日 (木) 08時51分

ももりさんコメントありがとうございます
新田次郎さんの小説 新田義貞 が太平記の世界
をおおいに彷彿させてくれます 身近な所に昔の
ロマンを感じる場所があるのは嬉しいかぎりです
ぜひお二人でお越し下さい

投稿: あきみず | 2008年1月10日 (木) 20時44分

pierre k さんコメントありがとうございます
あまり有名でない小さな山城は方々にあります
ハイキングを兼ねて巡り歩くのもいいもんです
歴史的背景が分かると余計に面白く感じる事でしょう

投稿: あきみず | 2008年1月10日 (木) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/9779459

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛山から千早城跡:

« 飛行機をかざってます | トップページ | Bf109祭り その6 »