« 次の製作はIL-2m Ⅰ | トップページ | イリューシン Il-2m Ⅱ »

林家一門顔見世興行

Img_3504 林家一門顔見世興行が

12日,13日天満天神

繁昌亭でありました

Img_3510 NHKTV ちりとてちん

の落語監修を染丸さんが

担当されて一門の方も

チラット顔をだされます ドラマと実際は違って

師匠がどてらを着て弟子に稽古をつけるなんて

ないですと、校正するとドラマですからと それなら

聞くなと言いたいみたいです 林家一門の皆さんの

落語の取り組みは、仕事の上におおいに共感できる

部分を持っていますこれを励みに頑張ります

|

« 次の製作はIL-2m Ⅰ | トップページ | イリューシン Il-2m Ⅱ »

「落語会」カテゴリの記事

コメント

林家染丸さんのファンでいらっしゃるそう
ですね。
実は私の勤務先が主催する自主文化事業で、
2月に林家染丸一門の落語会をやります。
私も落語が好きなので楽しみにしています。
(主催者側なので、ゆっくり観ることは出
来ませんが)

投稿: pierre k | 2008年1月17日 (木) 23時05分

繁盛亭、一度は行って見たいです。落語の事はあんまり知らないんですけど・・・TVで、早朝やっているのを時々見るくらいです。面白い人と大したことない人が歴然とわかりますね。おそろしい芸のようです。

投稿: 山口ももり | 2008年1月18日 (金) 08時52分

pierre k さんコメントありがとうございます
林家一門の追っかけをしてるのかな TVには
ほとんど出ないし、あまり知られていませんから
それでも落語の取り組みはみんな真剣で、教えられることばかりです

投稿: あきみず | 2008年1月19日 (土) 20時32分

落語の面白さは話芸と自分の頭の中にイメージした景色との融合が出来上がったときに生まれます
やはり寄席で生を聞くのが一番です

投稿: あきみず | 2008年1月19日 (土) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/9939266

この記事へのトラックバック一覧です: 林家一門顔見世興行:

« 次の製作はIL-2m Ⅰ | トップページ | イリューシン Il-2m Ⅱ »