« イタリア ローマ その2 | トップページ | ローランド C-11 その3 »

Fw190祭り その1

Img_4042 Fw190祭りが

始まり、押入れから

探し出しました

Img_4039 本当はアオシマの

Ta152H-1にしたかっ

たんですが、ハセガワ

Img_4040 72 190A-5ヘルマン・

グラーフ少佐機の

派手な塗装でいきます

|

« イタリア ローマ その2 | トップページ | ローランド C-11 その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

ついにフォッケ祭りですね。
頑張ってください!
ワタシも暖かくなったら考えます。

投稿: 躍人 | 2008年2月28日 (木) 22時46分

準備万端ですね。

やっぱり派手な方が目立ちますね♪
じゃあ私もその路線でいきます(笑)

あっそうだ!
リンクさせてもらっても良いでしょうか?

投稿: ハヤテ | 2008年2月29日 (金) 20時00分

わぁ、レベルのキットあきみずさんも持っておられるんですね。
前祭りでヘルマン・グラーフのメッサー作りました。なるほど、彼はメッサーからフォッケに乗り換えたわけですね。

投稿: pierre k | 2008年2月29日 (金) 23時25分

今晩は。
私もFW190祭りに参加します。
D-9を作ります。
頑張りましょう。

投稿: satonobu | 2008年3月 1日 (土) 18時07分

躍人さんこんばんわ 風邪を早くなおして
Fw190祭りにも参加してください
いろんなジャンルをこなされる躍人さん
は魔法の手を持っておられます

投稿: あきみず | 2008年3月 1日 (土) 23時08分

ハヤテさんこんばんわ グラーフの機体は
109も派手な赤いチュウリップですし
並べてみても面白いです 英雄のみに許される
塗装でしょう リンクしてもらってけっこうです
だれの機体になるのでしょう

投稿: あきみず | 2008年3月 1日 (土) 23時20分

pierre k さんこんばんわ レベルのは当時としてどれも国産ではないのがほとんどで、いっぱい集めたものです、まだのこってます
このフォッケは1943年9月7日フランス
で使われたものですが、109も同じ時期に
使われてますから、予備機ではないでしょうか
良く解りません、知っている方教えてください

投稿: あきみず | 2008年3月 1日 (土) 23時36分

satonobuさんこんばんわ フォッケのD9
もかっこいいですね いろんな塗装が楽しめて
まよいますね、皆さんのを参考に作りたいと思います

投稿: あきみず | 2008年3月 1日 (土) 23時46分

グラーフのこのFw190A-5はBf109G-6(レッドチューリップ付き)で202機撃墜後、
戦死を恐れた軍から本国召還され優遇されたのですが
その優遇処置に対して空軍内から批判が出たために
比較的安全な戦闘補充飛行隊(フランス)の
名目的な司令官時代の乗機だったはずです。
もっとも本土空襲がはじまると優遇なんて言っていられなくなったんですが。

投稿: シミソ | 2008年3月 2日 (日) 01時43分

書き忘れました
参考文献:ドイツ空軍エース列伝(グリーンアロー出版)より要約
です。

投稿: シミソ | 2008年3月 2日 (日) 01時45分

シミソさん ありがとうございます メルダースやマルセイユのようにエースが、戦死されると軍部も困るわけですね それでも最後まで戦ってソ連に抑留されることになるのですね 航空ジャーナルの109G-5/Wgr.21の解説にありました
Fw190の機体は知りませんでした

投稿: あきみず | 2008年3月 2日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/10819697

この記事へのトラックバック一覧です: Fw190祭り その1:

« イタリア ローマ その2 | トップページ | ローランド C-11 その3 »