« i | トップページ | 近つ飛鳥博物館 その3 »

IL-2m ローランドC11

Img_3628 IL-2  胴体がやっと

くっ付きました、どの

方法で組み立てて

Img_3629 いいのか仮組しながら

様子を見ないとうまく

いきません。次は機首

Img_3630 と主翼下面を合わします。

ローランドも上翼は仮組で

下翼は接着しました、あと

塗装をどの様に進めていくかですが、白一色?

なので部品ごとでなく組み上げてからでも、いいかな

と思っています。

|

« i | トップページ | 近つ飛鳥博物館 その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

IL-2mは、主翼と胴体の継ぎ目が複雑な形ですね。日本製のキットでは見られない感じです。
パネルラインを重視してあるのでしょうか。

複葉機は、仮組みが苦労しますね。(特に翼間支柱)そして、塗装と組み立ての段取りも悩み所です。その辺が人気の無い原因かも知れません。でも、単葉機に無い魅力や面白味が有りますよね。

投稿: pierre k | 2008年2月 3日 (日) 23時37分

ローランドC-1とはまた渋い機体ですねぇ。
エアフィックスもけっこうWWⅠ機を出していますね。
うちにもエアフィックッスのはフォッカーDr.1がありますが
どこに埋もれてしまったか(笑)

エヂュアルドのはいくつか押入れを開けると見えるところにあります。

投稿: シミソ | 2008年2月 4日 (月) 00時01分

IL-2はフィレットが前から後縁にかけて
大きく変化していますそれに合うように継ぎ目
が胴体にできるのでこんな割になっています
複葉機は作りなれていると要領も分かるのでしょうが初めは苦労しますねこれも一つの楽しみです

投稿: あきみず | 2008年2月 4日 (月) 21時27分

シミソさんコメントありがとうございます
pierre k さんと二人で意気投合して複葉機
に挑戦しています 私のは以前の作りかけで
完成を目指します スタイルが面白いので
選んだように覚えています

投稿: あきみず | 2008年2月 4日 (月) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/10238238

この記事へのトラックバック一覧です: IL-2m ローランドC11:

« i | トップページ | 近つ飛鳥博物館 その3 »