« 真弓鑵子塚古墳 | トップページ | IL-2m ローランドC11 その3 »

IL-2m ローランドC11 その2

Img_3677 IL-2は機首と翼下面を

くっけました、少し隙間が

出ましたが、パテで整形

Img_3678 胴体と翼の分割はこの

フィレットのアールの変化

に合わせて考えてありますが、

主翼上面の胴体と合う所を、それはヤスッテおさめ

ました それでも隙間が小さくなりませんでした

説明書どうりの組立にはならずに、様子を見ながら

いい方法を採らないといかないみたいです。

Img_3682 ローランドも全面何色なん

でしょう 白に黒、赤、黄

ブルーといっぱい混ぜて

Img_3683 こんなもんでしょうと、

納得しました。部品を

塗ってから組み上げる

のが、なれないもので迷いながら進めて

います 張り線もどないしようかだんだん

不安になってきました。

|

« 真弓鑵子塚古墳 | トップページ | IL-2m ローランドC11 その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

年末年始は模型からはなれてました
おひさしぶりです!
のぞいたらローランドやないですか?
このキットは買いそびれて
作ったこと無いです
完成たのしみにしてますヨ!

投稿: 店長 | 2008年2月10日 (日) 22時59分

こんばんは。
シュトルモビク、せっかくきれいなモールドなのにもったいないあわせですよね。
脳内設定で製造過程の手抜きで段差が出来てしまったとかもありかもしれませんね。
幸い高速機ではありませんので(笑)
最近お気楽製作に味をしめてしまったのでついついこんなこと思ってしまいます。

投稿: kpfw | 2008年2月10日 (日) 23時13分

IL-2mは大変そうですね。
ローランドの方は、かなり進んでいますね。白は難しい色です。私のフォッカーDr.1の国籍マークの白帯は、黒と赤錆色を混ぜました。
複葉機は塗装と組み立ての段取りに悩みます。加えて張り線まであるのでややこしいですよね。

投稿: pierre k | 2008年2月10日 (日) 23時19分

店長さんコメントありがとうございます
WWⅠの複葉機は20数年前にレベルの72を
作ったきりで、pierre k さんと二人で情報交換
しながら作っています 店長さんのような仕上がりにはなりませんが、努力します

投稿: あきみず | 2008年2月11日 (月) 10時06分

kpfwさんコメントありがとうございます
モールドがない反対側を削って合わせました
のでスジ彫りには影響は出ませんでした
全部がキッチリとはあいませのでパテが要りますが まず許容範囲に入ります。作り慣れないソ連
機ですが楽しんでいます

投稿: あきみず | 2008年2月11日 (月) 10時28分

pierreさん コメントありがとうございます
国籍マークをデカールにしようか迷っています
塗装でいくとまだまだかかる様でですが
まだ決めかねてます pierreさんに刺激されて
がんばっていきます

投稿: あきみず | 2008年2月11日 (月) 10時42分

IL-2mは結構合いが微妙なキットなんですね。
うちにも1機頂いたのがあるんですが・・・(笑)

IL-2mとローランドは縮尺サイズが違うから当然なんでしょうけど
ジャンボジェットと1人乗りグライダーを並べて作っているような感覚ではありませんか?

投稿: シミソ | 2008年2月12日 (火) 00時47分

シミソさんコメントありがとうございます
一機だけでは手待ちが出たときになんか
したいなと思いペアーで作ります その時の
頭の切り替えが面白いです 両方あんまり深く
追求しないで楽につくれます

投稿: あきみず | 2008年2月12日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/10407582

この記事へのトラックバック一覧です: IL-2m ローランドC11 その2:

« 真弓鑵子塚古墳 | トップページ | IL-2m ローランドC11 その3 »