« 大美落語会 | トップページ | i »

近つ飛鳥博物館 その2

Img_3626 近つ飛鳥博物館で昨年

8000件をこえる発掘

調査が行われた中から

Img_3612 470点の出土品を集め

た特別展なのです 全

国紙には載らなかった

Img_3613 数々のすばらしい

出土品に驚きと驚嘆

を覚えました。今回は

撮影が自由という事で

(三脚とフラッシュはダメ)

Img_3611 嬉しくて仕様がありません

こんな事あるのですね

この埴輪は異人さんの

趣があります、誰が

モデルになったの

Img_3623 でしょうか。

次はこれも変わって

いました、初めて見る

Img_3621 埴輪で盾持ち人埴輪

だそうです 不思議な

造形でイヌイットの雪

メガネを思い出させます

亀岡市時塚1号墳出土

Img_3622 ですから寒さに関係なく

埴輪のデザインとして

の形を持っているのは

すごいデザイナーでは

ないでしょうか。裏は

Img_3624 普通の円筒埴輪です

顔には目の周りに入れ

墨の模様がはいっています

鼻は欠けていてありませんが、ズラッと並ぶと

すごい恐怖を感じるのではないでしょうか。

日本の地中には、まだまだ貴重な文化財が

埋もれているのを実感しました。

|

« 大美落語会 | トップページ | i »

「博物館」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、古墳からの出土品は古代を知るための重要な手がかりですね。初めて見るような異色の埴輪、貴重な画像をありがとうございます。
古墳時代、顔に入れ墨をするのは普通だったようですね。入れ墨で敵や悪霊を威かしていたのでしょうか。

投稿: 秋ぎつね | 2008年2月 2日 (土) 22時19分

始めまして鈴木日記です、只今非常に良い記事を拝見致しました、有難う御座いました。
今後も、全て頑張って下さい。

http://suzuki12345.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: 鈴木日記3620 | 2008年2月 2日 (土) 22時20分

秋きつねさん コメントありがとうございます
当日は学芸員の方の解説もありまして、楽しみに
してました 20数名の方々と聞き入って 古代のロマンにひたっていました。
三ツ峠にも一度は足を運びたくなりました

投稿: あきみず | 2008年2月 3日 (日) 10時24分

鈴木日記さん コメントありがとうございます
バラバラなジャンルのブログですが 訪問
いただき嬉しいです これからもよろしく
お願いします

投稿: あきみず | 2008年2月 3日 (日) 10時29分

あきみずさん
コメントありがとうございます。

異人さんみたいな埴輪、見てみたい思って、近つ飛鳥博物館を地図で調べてみましたが、遠いですね。円筒埴輪もユニークですね。いつか自分で行って見たいと思いました。

投稿: よだきぼママ | 2008年2月 3日 (日) 19時51分

よだきぼママさん コメントありがとうございます 近つ飛鳥は大阪府南河内郡ですので、かなり
不便な所にありますが、王陵の谷といわれるくらいに 天皇陵や古墳が多いところです。
今回の展示は全国各地の出土品を集めたものが
一同に介しての展示でしたので、一度に見れて
良かったと思っています。

投稿: あきみず | 2008年2月 3日 (日) 21時31分

ナポリ、ポンペイへ行かれるのですって。わたしも、今、それを楽しみに冬をやり過ごしています。埴輪さんのお顔、何とも言えません。楽しいなあ。あんな顔で殉死なんてあったのかしらとか、思ってしまいました。殉死の代わりの埴輪っていう説もあるんですって???

投稿: 山口ももり | 2008年2月 4日 (月) 09時08分

ももりさん こんばんわ ポンペイ・ローマ・
フィレンツェを三日間観光でゆっくり見てる
時間はないみたいですが、楽しみです
今回は人物埴輪ばかりですが、装飾にする円筒埴輪と墓を霊から守る武人とに分かれると思います
ほかに動物や水鳥もあります

投稿: あきみず | 2008年2月 4日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/10216067

この記事へのトラックバック一覧です: 近つ飛鳥博物館 その2:

« 大美落語会 | トップページ | i »