« りっく ぷち寄席 第16回 | トップページ | 甲子園 に行きました »

イリューシン Il-2m Ⅳ

Img_4229 何がいそがしいのか

Il-2mにかかれません

がやっと、下面にブルーが

はいりました。上面は銀を

吹き付けて塗装のはげを

Img_4230 出すようにしたいのです

三色迷彩の色の感じを

掴みたいので富士重工の

カレンダーと本のカラーイラ

ストを見比べております

Img_4235 キャノピーを以前知った

ハイテクテープでマスキング

して機内色を塗って銀を

Img_4239 その上に塗っておきます

迷彩パターンを鉛筆でなぞり

感じを掴んでおきます。

とりあえず今日はここまでにします。

|

« りっく ぷち寄席 第16回 | トップページ | 甲子園 に行きました »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

その昔、プラモデルを作っていた時は筆でその名もプラカラーを塗りました。パクトラとかは乾きが遅いのでせっかちな子供だった自分には合いませんでした...。
今はエアブラシで吹き付けるのでしょうか。マスキングすら知らなかったあの頃、キャノピーの枠塗りは諦めていました。
制作過程、いつも興味深く拝見しております。

投稿: 秋ぎつね | 2008年3月20日 (木) 20時49分

操縦席がチラッと見えていますが、いい感じです。
私の場合、塗装の剥がれ表現は銀をチョチョッと塗るだけです。下地に銀を塗られているので、実感溢れる仕上がりになりそうですね。
ハイテクテープは使い勝手が良いですか?
キャノピー枠下側が胴体にモールドされているキットは始めて見ました。

投稿: pierre k | 2008年3月21日 (金) 07時42分

こんにちは。
ハゲチョロのために、全面シルバー塗装とは
理にかなった方法ですね。
こんど、やってみよう。
でも、シルバー塗装は鬼門だす~(泣)
鉛筆の下書きも参考になりました~

投稿: 作左 | 2008年3月21日 (金) 17時44分

秋ぎつねさん コメントありがとうございます
私は最近まで鎖国のような状態で、模型を作ってましてエァーブラシもマスキングも使わずに
ひたすら筆塗りを自己流でやっていました。
Blog Modelers を知りまして皆さんの製作テクニックを参考にさせてもらっています。
パクトラなんて懐かしいです銀色だけは使いましたが後は、ピラーとかイサムでした。

投稿: あきみず | 2008年3月21日 (金) 20時53分

pierre k さんコメントありがとうございます
はげチョロは表現が難しいです、コリコリと
剥がすのは根気がいりますし、水ペーパーで
こする時もあります これはかすれた感じが
出てるみたいです ハイテクテープは薄い
ので貼り付けてから枠沿いにカッターで
余白を切り取ります 使い勝手がいいです

投稿: あきみず | 2008年3月21日 (金) 21時22分

作左さん コメントありがとうございます
エァーブラシをよう使わないので、筆塗り
なので目安の線がいりますそのためなのですが
参考になりますやらどうでしょう 
はげチョロの表現はいつまでたっても、うまく
なりませんが、軽い感じでおいときます

投稿: あきみず | 2008年3月21日 (金) 21時37分

私も筆派ですので迷彩には苦労しているのですが、なるほど鉛筆で下書きってのはありですね。イラチなのでついついそのままぬりつけてしまいます(汗)なんといっても我が家にはまだ「秋水」がありますので、も少し勉強してからこちらは作成します(^^)

投稿: 腹ペコ | 2008年3月22日 (土) 11時46分

腹ペコさん コメントありがとうございます
今一つパターンがはっきりわからないので、
感じをつかみながら修正していくのに、
簡単なのでこのようにしています。
それより塗装です色合いがうまく出るか
混ぜ合わせては比べています 静岡までには
完成させなくてはいけません

投稿: あきみず | 2008年3月22日 (土) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/11568427

この記事へのトラックバック一覧です: イリューシン Il-2m Ⅳ:

« りっく ぷち寄席 第16回 | トップページ | 甲子園 に行きました »