« ローランド C-11 その3 | トップページ | イタリア フレンツェ その2 »

イタリア フレンツェ その1

Img_3843 二日目はフレンツェへ

朝6時ホテル出発で6時

50分のユーロスターに

Img_3847 乗ります、二時間半の

乗車で朝もやの中を

走りましたその中で朝食

Img_3849 をとります。フレンツェは

快晴で光が鋭いかんじで

目にしみます。石畳の道

Img_3860 を車が走るのも良いものです

電信柱が無いのが景観に

配慮した工夫でしょう、古い

Img_3853 建物を生かして現代の

品物をマッチさせるデスプレイ

は素晴らしいものです 奥に

Img_3889 見えるのがサンタ・マリア・

デル・フィオーレ大聖堂

赤、白、緑の色大理石で

Img_3891 飾られた外観と100m

を越す大円蓋が迎えて

くれます。周りはこれを

凌ぐ建物がいっさい

ありません。

Img_3867 この道を進むと

フレンツェ最古の橋

ビェッキオ橋に、貴金属

Img_3871 の店が両側を彩り華やか

な雰囲気をかもし出します

この橋の二階をメディチ家

Img_3879 の回廊がピッティ宮へと

つながっているのです

そんな街全体が美術館の

ような不思議な印象のところです。

|

« ローランド C-11 その3 | トップページ | イタリア フレンツェ その2 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

フィレンツェって、本当に美しい町ですよね。アルノー川だったか???私が行ったのは晩秋。春に、もう一度行きたいなあ。ルネサンス時代の絵画を超える事は、もう無いと思っています。歴史の中で、何度かはあった最高の時、ギリシャ彫刻、アッシリアのレリーフ、フィレンツェの絵画・・・フランスは一杯買い込んでますけど・・・??

投稿: 山口ももり | 2008年3月 5日 (水) 08時53分

ももりさんこんばんわ そうですアルノー川です
ウフィツィ美術館も素晴らしかったです、ゆっくりと鑑賞できずに残念です すごい人でながれるままに進みます 今度日本に何点かの作品が
来るそうでガイドさんが教えてくれました

投稿: あきみず | 2008年3月 5日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/10950094

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア フレンツェ その1:

« ローランド C-11 その3 | トップページ | イタリア フレンツェ その2 »