« Fw190祭り その3 | トップページ | なにわの語り部 »

吉野山 奥千本まで

Img_4442 やっと天気に恵まれる

かなと 吉野に桜を探して

やって来ました 上千本も

もう終わりに近く 水分神社

の しだれ桜が、ちょうど見

Img_4441 頃になっています 最後の

休日を桜と過ごそうと、多くの

人達が上へ上へと登って

Img_4453 こられます 水分(みくまり)

神社から金峰神社まで

かなりきつい登りで、そこを

車も通るのです 金峰神社

から奥千本まで雨で

Img_4450 ぬかるんだ小道をさらに

登ります、左は義経隠塔

があります 

Img_4446 奥千本は標高が高い

ので今が見ごろに、ここ

まで登ってきた甲斐が

あります この広場に

西行庵が残されていま

Img_4448 した この場所は大峰山

の修行者しか通らない

所で、芭蕉も訪れて

います 苔清水で

一句詠んでおられます

|

« Fw190祭り その3 | トップページ | なにわの語り部 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こちらのしだれ桜もきれいですね。
吉野といえば山一面の桜のパノラマが思い浮かぶのですが
かなり長い期間、桜を楽しめるようですね。

義経と芭蕉はかなりあちらこちらで名前を残しているようです(笑)
芭蕉は「奥の細道」ですか?

投稿: シミソ | 2008年4月21日 (月) 00時08分

吉野山の桜、素晴らしいですね。
以前に、モーターパラグライダーからの空撮をテレビで見て、その美しさに感動しました。
それ以来、ぜひ見に行きたいと思い続けています。

投稿: pierre k | 2008年4月21日 (月) 07時55分

シミソさん コメントありがとうございます
もう下、中、上千本の桜は終わっていました
その山の斜面でワラビ取りの真っ最中になって
います、沢山取れるのです、私も少しお土産に
もって帰り食べました 芭蕉が吉野に来たのが
どの旅だったのか解りません 西行庵の解説に
書かれてあったような気がするのですが。

投稿: あきみず | 2008年4月22日 (火) 20時14分

PIERRE K さんコメントありがとうございます
もう一週間早ければきれいなパノラマが見られた
のですが、その代わり人と車は半端じゃないですよ 朝早く出ないと道が混んで辿りつけなくなります この時期もそれなりにいいもんで、小さい
野草が可愛い花をつけており、ワラビも顔を出してくれてます

投稿: あきみず | 2008年4月22日 (火) 20時34分

吉野ですかぁ。随分前に行ったことがあります。上に行くほど咲くが遅いんですよね。穏やかに遠くの山並みが霞んでいました。一番奥の院までは行かなかったような記憶があります。京都は御室の遅桜がこれからです。京都ではちょっと憎まれ口があって「あの、お嬢ちゃん 御室の桜やなあ」って言ったら、ちょっと婚期の遅れた、おくての人のこと。これはおまけですけど「おのお方、山桜やなあ」って言われたら反っ歯の事・・・・花=鼻より先に葉=歯が出る・・・ってちよっと意地悪ですね。

投稿: 山口ももり | 2008年4月25日 (金) 09時16分

ももりさん コメントありがとうございます
吉野の桜はこの辺りでは身近に行ける場所で
助かります 下から上まで期間が長いので
いつでも行けると思うと一番いい時を、のがし
ました。京言葉にもきつい言い回しがあるの
ですね こう言う話がありましたらまた聞かせて
下さい。

投稿: あきみず | 2008年4月27日 (日) 21時58分

桜の吉野山、敬慕する静御前や役行者にゆかりの地、一度は訪れてみたいと思っているのですが人出のすごさに竦んで未だに果たせておりません。
吉野山の山桜、きれいですねえ...。

投稿: 秋ぎつね | 2008年4月28日 (月) 21時03分

秋ぎつねさん コメントありがとうございます
吉野は蔵王堂や南朝ゆかりの史跡が、点在して
桜も楽しめる所で人出もその一環として、誰も
いなければ寂しいと思います 何度来ても
その折々のよさを見せてくれます 

投稿: あきみず | 2008年4月29日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/20424637

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野山 奥千本まで:

« Fw190祭り その3 | トップページ | なにわの語り部 »