« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

モノグラムP40B その3

Img_5048 胴体をくっつけます

肉が薄いので段が

出来ないように慎重に

Img_5049 しましたが、合わせ面

のリベットは消えて

しまいました。脚部の

Img_5050 膨らみは別部品に

なってます フラップも

可動にしました 左右を

間違えないようにダボも変えてありよく出来て

います 主翼の上半角がゼロだったので無理やり

引っ張っています うまく出来るといいのですが。

胴体と主翼の取り付けはフラップを可動にしたので

接着面が少なく手がたりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大美落語会 二回目

Img_5046 昨日の雨上がりで

金剛、葛城がきれいに

見えました

Img_5047 北浜にある鴻池本宅跡

で聞く落語会、今回は

京都の茶道具屋さんの

噺で はてなの茶碗 ここに鴻池さんがこの

茶碗を千両で買うという場面が出てきます

もう一つ たちぎれ線香 は船場のさるご大家

の若旦那の人情噺です これは若旦那側から

捉えた噺ですが 桂あやめさんは 芸子の

小糸から描いた噺をされているそうです

どちらも聞かせて貰えた噺でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モノグラムP40B その2

Img_5043 この方の提供して

いただいたエァフィックス

P40Eも一緒に作ろうと

始めました さすがに三十数年前のモノグラム

製表面仕上げはピカいちですが、この薄い肉厚

は苦戦しそうです パイロットも一番に仕上げて

Img_5044 乗せました 服装もどんな

色にしたらいいのか、本を

見たのですが推測の域を

でませんが中国義勇軍の関係は革ジャンを

はおっているのかな?モノグラムの楽しみに

これからどっぷりとつかっていきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大和川 難波大道

Img_5041 キトラ展から帰って

今度は現地説明会の

ある大和川まででか

Img_5023 かけます 近鉄河内

天見から雨の中25分

しっかり歩きます 難波

Img_5027 宮跡から真南に進む

古代の官道跡が見つかり

ました 道幅17mで両側に

側溝があります 平安時代に廃止され畦畔

(へいはん)と呼ばれる畦が中央に残っています

雨が強くなっても大勢の方がみえてられ解説に

聞き入っておられます。ここも阪神高速の工事に

より埋められてしまいます

Img_5036 帰り道住宅の中を歩いて

いると出雲大社に出会い

ました こんな身近な所に

Img_5037 あるなんて歩いてみないと

分からないもんです 

今日は色々な出会いに

感謝します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キトラ古墳 十二支 

Img_5042 キトラ古墳壁画 十二支 

子・丑・寅 の公開に朝

早く出ました 前回玄武

の時は長い間待ちました

ので8時30分に着きました

Img_5013 なんと待ち時間なしで

入ることが出来ました

子と丑は線がうすくて

顔がはっきりと解らないですが 1300年前

に描かれたとは思えない線と色彩でした

今日は1時から大和川で現地説明会もあり

早く見れて良かったです。その帰り山田寺跡

Img_5014 の道で見つけました

何か解らない花?でした

不思議なかたちの綺麗な

Img_5016 花です さっそくネットで

調べると ブラシの木 だ

そうでオーストラリア原産

Img_5018

のふと桃科 本当に

ブラシにそっくりで

驚きました 初めて

見た印象は強烈です。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

静岡ホビーショー その2

Img_5010 懇親会でゲットしました

ドルニエDo17とキティーホーク

Do17の中にBf109Fが

入ってました ありがとうございます トラン・

ペッターはさすがに大きすぎて手に負えません

Img_5012 それ以外にアオシマの

紫電とLAGG-3を1/72

でみんな揃えましたが

デカールはみんな48で矛盾してますね

とりあえずこれで購買意欲はおさまったかな?

Img_5007

18日をもう一泊して

19日は由比に桜海老を

食べに来たのですが

月曜は休みの所が多くてうまく、巡り会えません

日曜は漁が無く富士川の河川敷での天日干しも

無いそうでがっかりの一日でした それでも

お土産を積んで帰途につきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡ホビーショー その1

Img_4961 やって来ました ツイン

メッセ静岡 入り口には

自衛隊の戦闘車両が

並んでいました。日本全国や台湾、韓国から

155のクラブが参加するという壮大な展示会

Img_4962 に出展できたのは光栄です

こちらに来館される子供さん

の目の輝き、お父さんと

一緒に来られて模型に興味を持ってもらえれば

嬉しい限りです そんな光景がよく見られました

Img_4982 ブログの中で見た作品が

直に見られるのはこんなに

素晴らしいことはありません

Img_4983 私の初歩的な質問にも

丁寧に答えていただき

大変参考になりました

17日の晩は親睦会でカトーさんの司会で

水入りするほどの盛り上がりになりました

Img_4967 その震源はこれです

皆さん持ちよりのキット

ビンゴゲームで盛り上が

らないほうがおかしいというもんです。

それぞれ我こそは最大のねらい目をつけて

挑戦しました。その中で一つ了解をいただいた

お話を rocketeer さんの奥さんがゲットされた

のはF105サンダーチーフが一回目、A-10サンダー

ボルトⅡ、さいごがP47サンダーチーフと雷一家を

全部ご自分で選ばれたのは只者ではないとみました。

それぞれ思いの品物を手に入れて明日に備えます

何も買わないでおこうと思ったのですが、この誘惑

には勝てませんでした

| | コメント (14) | トラックバック (0)

イリューシン Il-2m Ⅹ

Img_4933 アキュレイト・ミニチュア 1/48

シュトルモビクができました

これで静岡に持っていけます

Img_4936 今回は頑張ってフィギアを

配してみました 製作に苦心

しましたが、その甲斐があり

Img_4942 今までにない絵に仕上がり

ました。これも皆さんの

助言のおかげです。

Img_4950 フィギアの完成度も

高めれるように勉強

してきます。また

Img_4952 いろんなアドバイスや

製作テクニック、作品に

見て、ふれて、感じて、

来たいと思っています。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

モノグラムP40B その1

Img_4927 この方のFw190に

影響されて、モノ

グラムのベテラン

Img_4928 キットを探し出しました

凸リベット、凸彫りで

この当時の雰囲気を

Img_4931 味わってみようと思い

ます 資料はこれで

十分すぎるくらいで

負けてしまうかも 素組でやりますので

よろしくお願いします。当時の国産キットは

箱に合わせたスケールで、コクピットは止まり木

があるだけで、外国製に憧れたものですが

高校生の小遣いでは手が出せませんでした。

エァフィックスの袋入りとか、レベルの72をグンゼが

国産したのがよく作りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

定点観測 11

Img_4923 田植えが始まるので

池も満水にしており

工事も中断です

Img_4924 ガソリンを上げる前に

イージス艦を一隻無くせば

それくらいの費用は

Img_4925 でてくでしょう 

発掘現場も埋められて

何もわからないように

なりました 田んぼもなくなり 失ったものの

重大さがわかるのは、いつになるでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イリューシン Il-2m Ⅸ

Img_4921 フィギアにかかったの

ですが、慣れないもので

手順がうまく分かりません

手などを全部くっけるとまずいような感じで

塗装後組むのがいいかなとおいてます

爆弾運搬車はドイツ軍のですが、これは

許してもらえるかな? この組立はなかなか

難儀しました、もう少しうまく分割してほしい

ものです  さぁーあと一日がんばって

行きましょう

| | コメント (6) | トラックバック (0)

伊達公子さんとクッキー

Img_4919 こどもがこのGWに

カンボジアのアンコール・

ワットに行ってきました

そのお土産に MadamsachiKo の

アンコールクッキーを買ってきてくれました

この企業理念が実にいいです カンボジア

人の手によって品質のいいお土産を提供

すること 援助という一方的な関係でなく

若い人が自立していく為に働く場所を、

提供していくこと 若い力が、国づくりに

貢献してゆけるように、 手を差し伸べる

ことをされているのが、素晴らしい事です。

日本人の女性が運営されて、カンボジアの

若い人達を指導されています。

伊達さんがダブルスに優勝され、シングルス

も決勝まて勝ち上がられたこのパワーに

感激しました 伊達スマイルがまた見られ

たのは嬉しいですが、若い人がまだ育って

来ていないのは寂しいことです 若い人に

活を入れるために現役復帰されたのに

決勝戦まで進んでしまうとは本人も

思わなかったのではないでしょうか。

これからもますます頑張っていただきたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »