« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

モノグラムP40B その6

Img_5118 後回しになっていた

小物を進めます主脚に

ブレーキパイプを付けないと

Img_5119 いけません 上面は二回

塗りましたがもう一回塗って

キャノピーも枠を書きます

Img_5120 上のフィギアはどう見ても

ドイツ人ですね E型は胴体

下面に爆弾を吊るしたGA-Y

Img_5121 の写真がありますから、この

機体にします 爆弾は似たような

のを探してきました B型は

排気管に穴を開けておきました 機首をもう一度

はずして中から排気管を入れないとあきません

Img_5122 毎日30分でも製作に取り組めば

いいのですが、何かと手が

着かない事がありまして

進みません このテンポでいけたらよいのですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

モノグラムP40B その5

Img_5113 やっと動き出したP40ですが

フライング・タイガーのほうが

塗装がよく分かりません、下面

がグレーかスカイなのかはっきりしませんが、一応

グレー系にE型はダークアースとミドルストーンに

下面はアズールブルー(といってもどんな色調か

Img_5114 わかりません) ということで

箱絵やカラー図を参考に

イメージしました まだ2,3回

塗り重ねていかないとむらがなくなりません

小物が残ってしまい主脚やカバーに手がかか

りそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪神沿線そぞろ歩き 二回目

Img_5104 西宮には酒造メーカーが

数多くありますその中の

白鷹禄水苑に寄り道しま

Img_5106 した 三品の利き酒を

堪能するコースで至福

の時を過ごします さすがに

Img_5110 美味しかったのですすみます

この量は昼には少しきついです

隣に集古館があり昔の道具が

Img_5111 展示してあります  

さてこの後15時から社内の

ボーリング大会ですが

果たしてうまくスコアーが上がるでしょうか

一ゲーム目は149でしたが次は107で

あえなく撃沈でした 同じ日に重なって

両方とも逃せない選択でした。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

阪神沿線そぞろ歩き

Img_5083 阪神芦屋からの

そぞろ歩きに参加

しました 9時半には

Img_5085 沢山の人が集りビックリ

します 谷崎潤一郎記念館

から海辺の水路を散策します

Img_5088 途中にげんき足湯がありました

こんなとこにと思う場所です 湯

は少し熱めですが、気持の良い

Img_5091 ものです 水路になっており

カヌーの練習に余念がない

みたいです モーターボート

Img_5097 が横を抜けていきます

波に翻弄されるには

可哀想な位でした

Img_5102 海と山に挟まれた西宮

から神戸までそれぞれの

風景を見せてくれます

今までと違った道を歩く事が、出来て楽しい

ひと時を過ごせました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

平野屋新田会所跡

Img_5082 大東市にあります

平野屋新田会所跡

行きました JR住道駅

Img_5059 から東に歩いて20分

ほどのところです 

以前新聞に会所跡を

Img_5057 保存できずに取り壊す

と出ておりその後どう

なったかと思っていたら

Img_5060 石組みや庭園、船着場

の遺構がでたとのことで

したが、こんな殺伐とした

Img_5058 見るものに感動を与えない

現地説明会もありません

ここも調査後更地となり

Img_5065 住宅地になり、何も

残らずなくなります

あまりにも悲しい光景に

Img_5070 呆然とします 以前は

うっそうと繁った木々が

今は二本だけ残されて

Img_5079 います 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

モノグラムP40B その4

Img_5051 モールドが暗いので

同じ様にサフを吹き

明るくしました

Img_5053 凸モールドが一段と

浮びますが、モノ社の

当時最高のレベルを

味わっております いいプロポーションに

仕上がっています

Img_5055 エァーフィックス 72の

方は、主翼と胴体との

つなぎに隙間ができました

Img_5056 のでパテで補修しておき

ました。P40B、Eの違いも

わかり並行で作るのも

なかなかいもんです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »