« 奥出雲から | トップページ | 出雲大社のなぞ »

OHK上方落語の会

Img_5206 OHK大阪ホールは

大阪城を望む谷町

四丁目にあります

桂春團治一門会の公開収録に当たりまして

出かけてきました なかなか春團治一門の

落語会には足を運ばないので楽しみにして

Img_5205 います 春團治師匠の

出囃子 野崎の小気味

よい調べにのりまして

Img_5207 登場です 得意の長屋の

子供がいかけ屋をてんご

する昭和の二十年代の

噺です ガキ大将を頭に当時の子供の遊び

や上下関係がわかります 京の茶漬はあいそ

言葉ですが、帰り際にまぁお茶漬けなとどうですか

と何のお構いもしませんで、の代わりにあいそ言葉

として使われたのですが この茶漬けをいっぺん 

食べてみてやれと思う客とおかみさんとのせめぎ合い

が、聞かせどころです ねずみ穴は東京落語を大阪に

移したものですが上方では馴染みのうすい人情噺で

笑いがすくないのが難点です 

今日OHKで 道頓堀くいだおれ最後の日 が

放送していました くいだおれとは 食べ過ぎて

倒れるのではないです 京のきだおれ と同じ

意味なんです 地道に商売をしてきた店が 閉店に

追い込まれるのは 悲しい事です かくゆう私も前を

通りますが入ったことがないんです ごめんなさい

|

« 奥出雲から | トップページ | 出雲大社のなぞ »

「落語会」カテゴリの記事

コメント

京都でお茶漬・・・の話が有名になりすぎて、京都人は本心とおアイソが違うって言うイメージが定着しましたが、決してそんな事はありませんよ。少なくとも私は「お茶漬けどうぞ」って言いましたら召し上がって欲しいです。京都は長い間お金持ちでした、友禅はバンバン売れますし・・・でも今は全くダメ。今売れてるのは八ツ橋とちりめん山椒と漬物だけですって。でも、京都からは世界的な企業も出ていまして、我が家のすぐ近くの「ローム」って会社の五条通り沿いの植木は実に美しく。企業の姿勢を示してくれているようで、応援します。

投稿: 山口ももり | 2008年7月12日 (土) 08時42分

ももりさん コメントありがとうございます
やはり京都は文化遺産の多い街です 多くの
観光客を迎えるのにふさわしい街と人情があると
思います 美味しいものを食べ歩きに
また寄せてもらいます

投稿: あきみず | 2008年7月13日 (日) 22時10分

あきみずさんこんばんは。
そういえば私も太郎の前は通った事ありましたが行ったことはありませんでした。上方落語いいですね。知り合いの落語を聞きに行って以来ご無沙汰ですがジャパニーズお笑いの元祖をひさびさに聞きたくなりました。

投稿: 腹ペコ | 2008年7月13日 (日) 22時13分

腹ペコさん コメントありがとうございます
落語は話し手と聞き手の想像力で成り立つ
芸ですがやはり生で見る表情仕草がより
一層の面白さを引き立ててくれます
ラジオで聞いても十分堪能できますから
車に乗っていても 寝る前にラジオのテープ
を聞くとすぐに寝入ってしまいます

投稿: あきみず | 2008年7月15日 (火) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/22225359

この記事へのトラックバック一覧です: OHK上方落語の会:

« 奥出雲から | トップページ | 出雲大社のなぞ »