« 鳥人間コンテスト その1 | トップページ | ドラゴン Me262 その2 »

鳥人間コンテスト その2

Img_5345 実は私も鳥コンに

出場した事があります

第19回の滑空でした

Img_5340 カテゴリーの飛行機に

掲載しています

滑空機が費用もかか

Img_5350 らずに参加できますが

(審査は図面や仕様

どんな団体かエピソード

Img_5352 を添えて申し込みますが

初めてではなかなか

厳しいものがあります)

Img_5353 よほどしっかりしたチーム

でないと(製作にかなり広い

建屋が要ります)ここまで来る

のが苦しいです 

カーボンファイアーの桁を

Img_5358 使うと製作ががぜん楽に

なりますがコストもあがり

ますので簡単に使えません

Img_5366 人力機はもっと費用が

かかり一般のチームでは

とてもでれるもんでは

Img_5356 ありません 大きな

目標をもって機体を

作りあげるのは若い

Img_5357 人にはよい経験に

なると思います

これからのものずくり

に生かして貰えると頼もしい限りです

|

« 鳥人間コンテスト その1 | トップページ | ドラゴン Me262 その2 »

「飛行機」カテゴリの記事

コメント

え?ご出場されたご経験があるのですね!すごいなあ。あの番組は父が好きでよくいっしょに見ていました。今年は行こうかなと思っていたのですが、娘もあんまし関心ないようなので(当たり前ですが)止めました。

投稿: 腹ペコ | 2008年7月28日 (月) 00時32分

へ・え・え・・・凄いんですねえ。でも、墜落したらどうなります??琵琶湖の対岸まで飛んだ人もいるのでしょう???ゼロ戦は海軍が開発して、「はやぶさ」は陸軍が一式型戦闘機として開発したんだとか???日本の航空機って、世界的にも優秀なんでしょう???

投稿: 山口ももり | 2008年7月28日 (月) 07時25分

腹ペコさん コメントありがとうございます
TVで見るのが一番よいです 参加していると
暑さも苦にならないのですが、見てるだけでは
我慢が一杯必要です 機体を整備されてる方の
話を聞くのが楽しいです

投稿: あきみず | 2008年7月28日 (月) 19時46分

ももりさん コメントありがとうございます
人力機ならば対岸まで行きました それで
1Km間を往復する時間トライヤルが追加されました ももりさんから 零戦、隼 の名前が出てくるなんて 信じられません 日本の航空機って、世界的にも優秀 は微妙です確かに初戦は
搭乗員の技量も優れており優位にたちましたが
そのためにガソリンタンク、搭乗員を守る防弾
装置をつけていません 軍部も性能を上げるために防弾を重視せずメーカーにも必要性の優先を
下げています ちょっとでも軽くしたいのは
エンジンの出力が欧米に比べて低い水準で
その為に削るとこは身を削るように設計して
いました 航空機メーカーの技術は優れていました 軍部もメーカーに任せるとこは一任すれば
いいものを、何から何まで口を挟んできて
技術者の負担をさらに大きくしました

投稿: あきみず | 2008年7月28日 (月) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/22590856

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥人間コンテスト その2:

« 鳥人間コンテスト その1 | トップページ | ドラゴン Me262 その2 »