« ダーウィン展 | トップページ | touzai »

零戦祭り タミヤ32型  5

Img_5999 いつもはやらない

キャノピーにマスキング

をしました どうもこれは

苦手なのです きれいに巾がでないので

後で手を加えないといけないでしょう

この方に教えてもらいました 烏口コンパスを

サークルカッターにして日の丸を修正します

全部オーバースケールで胴体のを主翼に

まわして胴体のを作りました

Img_6003 次の塗装ですが204空

の現地応急塗装に

しました ムラのある

のは得意なので こんなのがいいですね

|

« ダーウィン展 | トップページ | touzai »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

かなり進んでいますね。

今回は、エアブラシを使われたのですか。
私も応急迷彩の予定なので、明灰白色を吹いて暗緑色を筆塗りするつもりです。

投稿: pierre k | 2008年9月29日 (月) 22時37分

pierre k さん コメント ありがとうございます エァーブラシは本格的なのは持っていません
ので明灰白色も筆塗りです 室内で作業できる
のでほとんど筆ですですから72がちょうど
いいのですが 今年は何故か48ばかりです
昨年が72ばかりだったからかも知れません

投稿: あきみず | 2008年9月30日 (火) 19時06分

烏口コンパスをサークルカッターに。

これ、「模型の神様」長谷川一郎さんの著書
「ソリッドモデルの作り方」にあるよぉ、、。
たしか、九七戦の製作記だったような。

投稿: apuro | 2008年9月30日 (火) 19時46分

おお!
烏口コンパス攻撃、お見事です。
ソリッドモデルの世界では昔からあった手法なんですか…知りませんでした。apuro様、情報ありがとうございました。
それにしても日の丸は単純な分、ごまかしが効きにくいので厄介ですが、ぴしっと決まると、気持ちいいですね。

投稿: rocketeer | 2008年9月30日 (火) 23時54分

apuro さん コメントありがとうございます
長谷川一郎さんはよく存じていますが
著書は読んでませでしたので、烏口コンパス
の事は知りませんでした 高校のときに
製図で使っていた品物ですそれが役に
立ちました

投稿: あきみず | 2008年10月 1日 (水) 20時47分

rocketeer さん コメントありがとうございます サークルカッターでは小さい円や寸法を
決めるのが面倒ですが、このコンパスでは
大きさを決めるのが楽でした 切れ味も悪く
なく重宝します 高校のときに使っていた
モノです

投稿: あきみず | 2008年10月 1日 (水) 21時33分

私の32型のイメージは明灰白色かこの斑の機体です。
とくにラバウルの斑機体は印象強いです。
現地でも刷毛塗りだったので
1/48では筆がちょうど1/48の刷毛のようになって
まさにぴったりかもしれませんね。

投稿: シミソ | 2008年10月 1日 (水) 22時58分

シミソさん コメントありがとうございます
今あるのは明灰白色の機体が多かったので現地ベベタ塗りで気分を変えようと思います 報国号
もいいのですが72も同じのがあるので
こんなむらのある塗装が出来るのは楽しいですね

投稿: あきみず | 2008年10月 3日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/24128774

この記事へのトラックバック一覧です: 零戦祭り タミヤ32型  5:

« ダーウィン展 | トップページ | touzai »