« 彦八 まつり 08・09・06 | トップページ | 零戦祭り タミヤ32型  2 »

春木だんじり試験曳き

Img_5780 義父の見舞に

岸和田春木に

ある病院に出かけ

Img_5786 ました 昼を食べに

出かけますと ちょうど

13,14日に備えて

Img_5787 試験曳きありました

だんじりの調子や

曳き手の連携を

Img_5788 確かめる本番と

変わらない熱気で

行われていました

Img_5795 見物人も脚立を

立てないと見えない

くらいの人で埋まっています

Img_5800 さすがに地元の迫力は

勇壮で交差点を直角に

走りぬける 様はこの辺りでは

Img_5801 見れないものです 小さい時

からこの雰囲気の中で育つと

この時季血が騒ぐのは

しょうがありません 

|

« 彦八 まつり 08・09・06 | トップページ | 零戦祭り タミヤ32型  2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

秋、お祭りのシーズンです。岸和田のだんじりって、見たことがありません。毎年のようにけが人や死者もでるとか・・・日本人も、かなり激しい!!!京都のお祭りも、祇園祭りや時代祭りも良いけれど、氏神さんのお祭りもいいもんです。ご近所の子が可愛い御所風の着物を着せてもらってたり・・・知り合いの神主さんが真っ赤な衣装で、真っ赤な顔をして馬に乗ってるなんて平和です。落語会はないようですけど。

投稿: 山口ももり | 2008年9月10日 (水) 09時59分

岸和田のだんじり いつもニュースになりますねテレビで見たことがあります。
試験曳きまできちんとあるんですか?それでも けが人が出たりする激しさ 凄いもんですね。

私んとこ宮崎では神楽を舞うような祭りが多いような気がします。近所のおじさんが、舞う神楽ですがいいものですよ!

投稿: よだきぼママ | 2008年9月10日 (水) 11時52分

ももりさん こんばんわ 落語会は米二さん
のが面白いとおもいますので予定を入れました
第22回 桂米二
故郷へ綿の会 9/27(土)
14:00 京都.山科/
京都市
東部文化会館
創造活動室 子ほめ とま都/田楽喰い 米二/
堪忍袋 都んぼ/千両みかん 米二 音羽米穀店 075-581-0391
前売.予約¥1800/当日¥2000
山科は遠いですね
河内の祭りは烈しいですが 見てるるだけで
興奮しますそんなDNAが流れてるんでしょうか

投稿: あきみず | 2008年9月10日 (水) 20時16分

よだきぼママさん コメントありがとうございます 私も実際に見たことがありませんでした
思いっきり走りながらの90度ターンは
凄いでしたまだ全力ではないのに迫力が
あります その地域それぞれのお祭りは
何かほっとするものを感じます 伊丹の
神社では大きな釜にお湯をわかして 笹の葉
でふりまきながら巫女さんがおどります

投稿: あきみず | 2008年9月10日 (水) 20時30分

最近主人がよくテープを買ってきます。その中で、一番傑作なのは桂三枝さんの創作落語。もおう・・・お腹を抱えて爆笑!!!もっともっと買って来てもらいましょう。そして、その内にライブの寄席へ行こうということになるかと、期待しています。

投稿: 山口ももり | 2008年9月12日 (金) 09時04分

ももりさん こんばんわ そうですまず
聞いてみて面白さが募ると今度は生でききたくな
ります 私もラジオとテープで聞きますが
所作や表情の動きも、出囃子に乗って出てくる
所から戻るまで楽しませてくれます 
師匠連は聞かせてくれますが 若手も精一杯
やってるのがわかりますし、成長してゆくのを
見守るのも良いものです ぜひ寄席に出かけて
下さい

投稿: あきみず | 2008年9月12日 (金) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/23602052

この記事へのトラックバック一覧です: 春木だんじり試験曳き:

« 彦八 まつり 08・09・06 | トップページ | 零戦祭り タミヤ32型  2 »