« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

思わぬ買い物

Img_6271 日本橋の0-シンキッズ

ランドにフォッカーDⅦの

コンテスト申し込みに

行きました 8,9日が開催日でそれまでに

完成させないといけませんがまだ苦戦してます

Img_6266 ローゼンジーはほとんど

手塗りになりパターンが

繰り返しになってないとか

めちゃくちゃになってます この細い線は何でしょう

デカールで済ますつもりがとても貼れなくて、マス

キングで塗らないと出来そうになかったので、

幅が一定になりませんがとりあえずこれで塗り

あげました ホントに何がおこるか分かりません

まだ主翼の支持支柱に泣かされるはずです

やっと世傑にソ連機のシュツルモビィクが

登場しました内容は素晴らしいのでキットが

無いかと探したのですが、48は作ったので

アカデミィーの72が見つかりませんでした

Img_6270

伊400の進みぐわいはほぼ出来ましたが

海面の波を作ろうと躍人さんの製作記事を

そのまま参考にさせてもらいます。艦底部品の

継ぎ目が合わないのでもう無しにしてそのまま

ジェルメディウムを使っていきます この関係で

フジミの零式小型水偵に興味がでまして作り

たくなり買ってしまいました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

興福寺国宝特別公開

Img_6199 新薬師寺金堂跡現説に

行く前に興福寺の特別

公開を先に見てきました

Img_6193 いつもは公開していない

南円堂と五重塔初層の

中に入れます 興福寺は

現在中金堂再建と境内整備

にかかっています

Img_6250 普段は境内を散策する

だけで中に入れなかったので

こんな機会があると楽しみ

になります 

Img_6255 帰りによって見ると

どちらも大勢の人の

入場待ちになっています

ゆっくりと過ごせた

一日になりました

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新薬師寺金堂跡現地説明会

Img_6232 奈良教育大学の

構内から新薬師寺

金堂跡と思われる遺構

Img_6209 が見つかりその現説に

行ってきました 戦前は

陸軍の施設があり整地

Img_6211 されて基壇を示すものは

ありませんが その下に

ある雨落溝が見つかりました

Img_6204 左写真が基壇南東隅でここで

北に上がります 西側は聯隊

の日本庭園の池と講築物の為

Img_6222 残存してませんが、東西54m

南北27m程度に考えられます

今の大仏殿に匹敵する大きさです

 Img_6223

創建当時七堂伽藍を

誇る南都十大寺の

一つでした

Img_6246 この思いを胸に

今の新薬師寺を

訪れました 最短で

150mだそうですが

グルッと廻ってくると

Img_6238 結構あります 今まで

前は通った事は

ありましたが拝観して

Img_6239 はいませんでした

柳生街道に入る

所にあり少し離れて

います

今の本堂は創建

Img_6241 当初食堂であったと」

いわれてます 

内陣の須弥壇上に

Img_6243 薬師如来坐像と

それを取り囲む

十二神将は荘厳

な趣あります 夢のある現説でした

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フォッカーDⅦ その1

Img_4108 今年の2月29日に

買ったDODENの

1/72 フォッカー

DⅦをO-シン プラモコンテストに

出品するべく頑張って進めています

が、もうストレスの限界です 

とりあえず経過報告しますが

第一次大戦のドイツ機にお馴染みの

ローゼンジ・パターンに手こずっています

モデルアートの塗装とマーキングを参考に

してやっていますが、どうなることやら。

Img_6184 パターンを1ブロック

5色分切り出して

あります それを

5回繰り返して進めていく為に 翼を

固定してパターンの位置に0.3mm

のノックピンを打ち込みました これが

うまく合ってくれればいいのですが

Img_6187 最初からこの方法が

決まっていなかったので

どうすればいいかズッと

考えてやっと決まったのですが、穴位置と

パターンがずれています ピンで合わすのは

もっと精密な作業が必要です 塗料が乾かないと

塗ったとこが剥げてしまい 後でみんなタッチアップ

してやらないといけません ローゼンジ・パターン

初めてでデカールですまそうと思ってたのに、手に入りません

でした ゲーリングの白一色にすれば良かったかも。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

みんなで艦船つくろう その4

Img_6178 アオシマ1/700 の

伊400 しばらく 

進めなかったので

す 0-シンのコンテストに参加する

機体を今やってますRODENの1/72

フォッカーDⅦ ウーデットの機体です

完成までアップしませんのでよろしく

これがめちゃ手がかかる品物でパテと

やすりでゴリゴリやらないと形にならない

Img_6180 甲板にも手摺をつけ

船尾のアンテナ支柱を

伸ばしランナーで作り

Img_6181 上部縦舵はエッチング

を使い横舵のガード

レールはキットのもの

Img_6183 で済ませてます

チョット暗い目に

したのですが

ツヤがありすぎでまずいですね

軍艦色に黒や赤を混ぜてたのに

つや消しが足らなかったのです

| | コメント (16) | トラックバック (0)

零戦祭り タミヤ32型  おまけ

Img_6037 零戦完成写真を

乗せたのですが

フィギアの写って

Img_6043 いるのが少なかった

のでその前の日に

撮ったのを載せます

Img_6056 南方戦線なので晴れた

方がいいと思ったもので

すがフィギアが寂しかった

Img_6047 ので番外編という事で

お願いします プロペラの

秘密はドライアーでしたが

そんなに早く廻りませんでした モーター内臓は

またの機会にしましょう

| | コメント (10) | トラックバック (0)

零戦祭り タミヤ32型  6

Img_6074_2 タミヤ1/48 零戦32型が

完成しました 最新の

キットではないですが

Img_6081 よく出来ています 

フィギアもパイロットを

含めて7体も付いてる

Img_6094 のは当時では画期的

ではなかったでしょうか

明灰白色の機体を

Img_6107 持ってるので204空

応急迷彩にしました

山本連合艦隊司令長官

Img_6123 の護衛に携わった柳谷謙治

二飛曹の機体といわれて

いるのにしました

Img_6147 整備員の見送りを

受けているので

プロペラが廻って

Img_6154 いなくてはいけないと

思い 一応クルクルと

?で風を当てています

シャッタースピードが速いので回転してる

用には見えませんが雰囲気だけでも

廻ってる気分でお願いします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

みんなで艦船つくろう その3

Img_6023 アオシマの伊400に

搭載されている晴嵐が

完成しました 左の

モデルアートに三面図

も載ってあり参考に

Img_6009 なります 最後の機体は

翼を折りたたみ状態です

これが三機母艦に収納され

Img_6013 ています さすがに1/700は

思うように組み上げられません

イライラしっぱなしです

Img_6014 母艦の伊400はこれからで

すが 大胆にもエッチングに

挑戦して手すりを付けましたが

Img_6020 これがもうひとつイライラする

作業です、なにしろ艦船のエッチング

は初めてで 瞬間でベチャベチャに

しながらの出来上がりです 学研の伊400と晴嵐全記録

の写真資料は素晴らしいです この通りにはなりません

が雰囲気だけでも近づけたいものです

| | コメント (10) | トラックバック (0)

大美落語会 三回目

Img_6008 落語会が続きますが

ご容赦をお願いします

今回三回目となる北浜

旧鴻池邸での寄席です 今までに聞いた

事がない方が出られるので、楽しみが増えます

浪曲の菊地まどかさんも、浪曲もこんな機会がないと

耳にすることもないでしょう 皆さんの熱演で最後まで

笑いの中で過ごす事が出来ました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »