« フォッカーDⅦ その1 | トップページ | 興福寺国宝特別公開 »

新薬師寺金堂跡現地説明会

Img_6232 奈良教育大学の

構内から新薬師寺

金堂跡と思われる遺構

Img_6209 が見つかりその現説に

行ってきました 戦前は

陸軍の施設があり整地

Img_6211 されて基壇を示すものは

ありませんが その下に

ある雨落溝が見つかりました

Img_6204 左写真が基壇南東隅でここで

北に上がります 西側は聯隊

の日本庭園の池と講築物の為

Img_6222 残存してませんが、東西54m

南北27m程度に考えられます

今の大仏殿に匹敵する大きさです

 Img_6223

創建当時七堂伽藍を

誇る南都十大寺の

一つでした

Img_6246 この思いを胸に

今の新薬師寺を

訪れました 最短で

150mだそうですが

グルッと廻ってくると

Img_6238 結構あります 今まで

前は通った事は

ありましたが拝観して

Img_6239 はいませんでした

柳生街道に入る

所にあり少し離れて

います

今の本堂は創建

Img_6241 当初食堂であったと」

いわれてます 

内陣の須弥壇上に

Img_6243 薬師如来坐像と

それを取り囲む

十二神将は荘厳

な趣あります 夢のある現説でした

|

« フォッカーDⅦ その1 | トップページ | 興福寺国宝特別公開 »

現地説明会」カテゴリの記事

コメント

新薬師寺を見たのは随分前でした。志賀直哉の旧邸とか行ったような記憶がオボロゲにあります。遺跡が出て、早速現地へって言うのは凄いですね。百聞は一見にしかずって言いますもの。先日、買ってきた吉村昭「戦艦武蔵」「零式
戦闘機」どうも、手が出ません。なにしろ、専門用語???らしき難しい言葉が一杯出てきて・・・さ・あ・あ・・・読めるかな???

投稿: 山口ももり | 2008年10月26日 (日) 09時34分

ももりさん コメントありがとうございます
現説はその日だけですし中に入ってみれます
から逃すわけにはいきません 跡は埋め戻して
しまうのでこの目で確かめておきたいです
この辺りは少し離れていますが志賀直哉の旧邸
や昔の町家が軒をならべてます
私も吉村昭「戦艦武蔵」を今日借りてきました

投稿: あきみず | 2008年10月26日 (日) 21時41分

新薬師寺は2度ほど訪れました。新はあらたか、の意味だそうですね。十二神将像は印象に強く残っています。
今は小さくなっていますがかつては壮大な伽藍が建っていたのでしょうね。

投稿: 秋ぎつね | 2008年10月27日 (月) 15時53分

秋ぎつねさん コメントありがとうございます
頭塔から新薬師寺まですぐですからその時に
廻られたのですね 金堂跡の発掘はもう諦め
かけたときに 雨落溝が見つかったそうで
この大きな基礎から考えて金堂跡に間違いない
と思われるとの事でした 大学構内の新築工事
の為に調査した結果でした

投稿: あきみず | 2008年10月27日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/24743111

この記事へのトラックバック一覧です: 新薬師寺金堂跡現地説明会:

« フォッカーDⅦ その1 | トップページ | 興福寺国宝特別公開 »