« 藤ノ木古墳 石室特別公開 | トップページ | フォッカーDⅦ その3 »

フォッカーDⅦ その2

Img_6323 ローディンの1/72

フォッカーDⅦが

木曜晩に何とか

Img_6359 出来まして金曜に

O-シンキッズランド

に持ち込めました

Img_6362 こんな締め切りに

間に合わさないと

いけない経験は

Img_6365 無かったので最後

は焦りました ローゼンジ

パターンはほとんど筆塗り

と同じくらい後で手直ししてしまい パターンの

繰り返しがなくなっています ここはもっと慎重に

時間をかけないといけないとこでした 上翼の位置

もキットのままだと正規の位置に来なくて、長さを

かえて位置をずらしてたいようしています 今まで

こんな手のかかるキットには出会わなかったはず

です コンテストに何としても出展したいもう意地でも

完成させないとの思いがつのった結果です

8日9日日本橋スパーキッズランドで展示会が

あります 最終完成はまた後日にまわします

|

« 藤ノ木古墳 石室特別公開 | トップページ | フォッカーDⅦ その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
複葉機の組み立てって難しいですよね・・・いつも私は上翼の支柱がよれてしくじります、キットの精度が悪いときもありますが微妙に狂いが生じてしまうんですよね。

ローゼンジの色合いですが落ち着いた感じできれいですね、本物の色合いで塗るとサイケデリックですよね~

こんだけ手の掛かるキットを物にしたらあとは怖いものないですな~

投稿: シロイルカ | 2008年11月 9日 (日) 09時54分

完成おめでとうございます。
やはりローデンは素直にいかないのですね。
この間一杯買ってしまったんで
がんばって完成させたいと思います。

投稿: JW | 2008年11月 9日 (日) 12時39分

おぉ~っ、塗装によるローゼンジパターン、
素晴らしいです。大変な作業だったでしょ
うね。手が掛かっているだけあって、見ご
たえのある作品になっています。

WWⅠ機ならではの派手な塗装、魅力的で
すね。

投稿: pierre k | 2008年11月 9日 (日) 16時10分

うわぁ、すごすぎるぅ!!
写真で見てもキレイに決まってるから、
ナマでみたらすごいんだろうな。
おみごと!^^y

投稿: apuro | 2008年11月 9日 (日) 18時05分

シロイルカさん コメントありがとうございます
最初に仮組立をするのでしょうか 塗装してから
ずいぶんさわりましたのでパターンも汚くなりました スーパーキッズランドで買ったもにしか
出展できないので、このキットしか作れなかった
ので、なれないWWⅠになったしだいです
今回の制作でよい勉強をさせてもらいました
 

投稿: あきみず | 2008年11月 9日 (日) 20時19分

JWさん コメントありがとうございます
苦労するのはWWⅠ大戦機だけのように
思います ローデンの他の機体も作りましたが
手ごわいのは間違いないですが 完成の充実感
はありました がんばって作ってください

投稿: あきみず | 2008年11月 9日 (日) 20時34分

pierre k さん コメントありがとう
ございます そんなにほめてもらうほどの
仕上がりではありません このキットは
良い経験になりましたが、当分はWWⅠには
手を出さないでしょう あまりにも未知の
世界がありすぎでした

投稿: あきみず | 2008年11月 9日 (日) 20時51分

apuro さん コメントありがとうございます
お褒めいただき光栄ですが、まったく反対で
写真でごまかしてます実物をみたら
 がっかりしますよ 全力で作ったのは
間違いありませんが、まだ技量の及ぶところでは
ありません ホントに手ごわい相手でした

投稿: あきみず | 2008年11月 9日 (日) 20時59分

あれ~、見逃しておりました。
完成おめでとうございます。
ローゼンジパターンお見事です。
苦労された甲斐があったと思います。

しかもローデンのキットを完成させられたのも素晴らしいかも。
8,9日って・・・今日までじゃないですか!
いや~お疲れ様でした。

投稿: シミソ | 2008年11月 9日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/25149238

この記事へのトラックバック一覧です: フォッカーDⅦ その2:

« 藤ノ木古墳 石室特別公開 | トップページ | フォッカーDⅦ その3 »