« タミヤ Me262 その2 | トップページ | こんな買い物しました »

御廟山古墳現地見学会

Img_6481 宮内庁の陵墓参考地

である御廟山古墳に

見学できるのはこんな

Img_6482 機会しかありません

早速大仙公園まで

出かけました

Img_6487 仁徳天皇陵の横に

あります、護岸が

侵食されて崩落の

Img_6495 恐れがあるので

その工事の事前調査

に堺市が合同で行う

Img_6500 ことになったのです

現地では見るだけで

集合場所で説明を

Img_6507 受けました、そこから

歩いて15分でここに

きました 見学の通路

Img_6513 から見ますが正直よく

解りません元の形が

こんなふうになってるのかな

と思うだけです 出土品も破片しかなく大きな

形で出土してたらもっと話題になってるでしょう

宮内庁の陵墓参考地がこのように一般公開

出来るようになれば考古学ももっと新しい発見に

沸き立つことだと思います

Img_6520 帰りに近くのピザ屋

さんに行きました

皮がもっちりとして

パリパリデはありません底がうすくて

お餅のような食感です

|

« タミヤ Me262 その2 | トップページ | こんな買い物しました »

現地説明会」カテゴリの記事

コメント

いろんなトコロ行けていいなぁ。
考古学も好き。
石器の繊細さにはココロ奪われるし、
石鏃の緻密さ、
黒曜石のスクレィパーの光沢。
・・・古墳は、ロマン。だね!

投稿: apuro | 2008年12月 2日 (火) 20時20分

いつも貴重な見学レポートをありがとうございます

先頃までPCが故障していて今ようやく直ってきてネットに繋ぐことが出来るようになりました

仁徳天皇陵はあまりにも有名ですが、その影に隠れて、こういう歴史的文化財を見逃すのは惜しいですね。あきみず様はこういった見学会、説明会に足繁く通われて、その趣味の良さが偲ばれます

投稿: 秋ぎつね | 2008年12月 3日 (水) 19時30分

apuro さんコメントありがとうございます
新聞に現地説明会が載っていればほとんど
行きますね 土器や埴輪を見ていると古代人
の手が形、線を作っているのが浮びます
当時の人が一生懸命生きた証のようにおもいます

投稿: あきみず | 2008年12月 3日 (水) 20時45分

秋ぎつねさん コメントありがとうございます
マックのPCを使っておられるのですか
私にはその違いが良く解りませんが、また元に
戻られて良かったです 高校の時から遺跡の
発掘には興味がありました 新御堂筋の
工事がおこなわれていた時に積み上げた
土砂から土器の破片かないかなと探しながら
歩いたものでした 自分の趣味も含めて
皆さんに見ていただきたいと思っています

投稿: あきみず | 2008年12月 3日 (水) 20時59分

古墳の発掘ですか・・・仁徳天皇陵は見に行ったことがあります。そのそばに、記事のような古墳があるのですね。私は九州へ行ってきたのですが、邪馬台国はやっぱり河内にあったのでしょうか。

投稿: 山口ももり | 2008年12月 4日 (木) 15時47分

ももりさん コメントありがとうございます
今週もまた現地説明会があるみたいで
行って見たいなーと思っています
古代の人の生活、習慣が目にふれるのは
身震いする思いになります 邪馬台国は
畿内説を取ると河内も含まれますが
三輪山の辺りではないかという気が
します

投稿: あきみず | 2008年12月 4日 (木) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/25790050

この記事へのトラックバック一覧です: 御廟山古墳現地見学会:

« タミヤ Me262 その2 | トップページ | こんな買い物しました »