« 創刊号が安いのは | トップページ | 下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その4 »

旧LS 1/72 ニッポン号 その1

Img_6888 1939年(昭和14年)

8月21日羽田を出発

した毎日新聞のニッポン号

(海軍96式陸上攻撃機の武装を外し燃料タンク

を増設し輸送機に改造した機体)が北海道から

アラスカ、カナダ、北アメリカ、南アメリカ、アフリカ

イタリア、インド、タイ、台湾とまわり10月20日

羽田に戻ってきました。純国産機で世界一周

した事は世界に、日本の技術水準、操縦技術の高さ

を示しました。 今年は70周年になるのです

Img_6883 旧LSから発売されていた

のは持っていないので

アリイの72で挑戦します

零観が進んでいないのに、こんなことしても

いいかなと思いますが、何となく手持ちぶたさ

になり並行してやります。

|

« 創刊号が安いのは | トップページ | 下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その4 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

ニッポン号世界一周!。
ウイニー・メイ号の単独世界一周からは月日が
たってるけど、ハワードヒューズの新記録の
半年以上前(だったっけ?)
まだ航空機による世界一周がホットな冒険の時代
すごいよねぇ。

投稿: apuro | 2009年1月28日 (水) 01時31分

LSのこのキットはリベットも適度にモールドされ
なかなか佳作なキットですね。
陸攻のほうは11型23型と作りましたが
ニッポン号は作っていませんので完成が楽しみです。

Ps.同社の1/72神風号も良いキットですね。

投稿: シミソ | 2009年1月28日 (水) 19時56分

apuro さん こんばんわ 朝日新聞の
神風 に負けじと毎日も何かおっきな
事を考えて山本五十六の英断で96陸攻を
廻してもらった経過があります 中国から
国民の目をそらして国産機の優秀さを
証明して、クルーの健闘は当時の世相を
反映して国のために命がけで取り組んだ
ものでしょう

投稿: あきみず | 2009年1月28日 (水) 20時08分

シミソさん こんばんわ 凹リベットで
綺麗なモールドです 舶来モデルに追いついた
と思うほど憧れたものです てきぱきと進みませんが、頑張っていきます

投稿: あきみず | 2009年1月28日 (水) 20時15分

LS版を店頭で見た記憶はないんですがニッポン号の製作が見れるとは嬉しいです♪
並行作業は気分転換に良いと思います。

民間仕様の塗装はこのきれいな機体に似あっていると思いますので今から楽しみです^^

投稿: シロイルカ | 2009年1月28日 (水) 23時30分

シロイルカさん コメントありがとうございます
ウァーすごいプレッシャーが、かかりますが
なんとか並行して作っていきます
どれくらいの仕上がりになるかわかりませんが
頑張ります

投稿: あきみず | 2009年1月29日 (木) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/27521553

この記事へのトラックバック一覧です: 旧LS 1/72 ニッポン号 その1:

« 創刊号が安いのは | トップページ | 下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その4 »