« Canon の 系譜 | トップページ | 下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その3 »

下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その2

Img_6823 タミヤの零観です

後部座席を丸メカを

見ながら作るのですが

伸ばしランナーとジャンクパーツからで

Img_6830 時間がかかった割りに

スッキリしません

操縦席も計器版と

7.7mm機銃をそれらしく付けました

Img_6828 風防も月光の前部

を切り出してヤスリで

幅と高さを削り何とか

それらしい形になりました これで後期型

に出来そうです

|

« Canon の 系譜 | トップページ | 下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

このキットは本当に内部がほとんど再現されていませんから苦労されていることと思います。
反面、弄りがいもあるかと思います。

後期型は風防形状が違いましたか。

面倒かもしれませんが主翼のフラップの操作幹(三角形のモールドのところ)を削り取って
棒状のものに変えると精密度アップすると思いますよ。

投稿: シミソ | 2009年1月18日 (日) 01時42分

機銃のマウントがリアルで格好いいです。

オリジナルパーツの良さを生かしたデティールアップってパーツの大きさとかアレンジするのが大変そうですね。

士の字になるのも早そうな気が(複葉でも士の字でいいのかな)

投稿: シロイルカ | 2009年1月18日 (日) 13時58分

模型の楽しさって好きなように
弄繰り回す事だと思ってます♪

無い部品はそれらしい物を探すか自作する。
意外とカーモデルのジャンク部品が使えたりします(爆)

酸素ビンは手作りなんですか?

投稿: ハヤテ | 2009年1月18日 (日) 18時23分

シミソさん コメントありがとうございます
胴体内が丸見えなのでそれらしく手をつけています 今までこんなことしないのに皆さんの
製作記事をみてやろうと思ったしだいです
胴体の張り合わせに時間がかかってしまいました
がそれなりに達成感が有ります
主翼のフラップの操作幹もやってみます

投稿: あきみず | 2009年1月18日 (日) 21時46分

シロイルカさん コメントありがとうございます
後部座席は丸メカがないと解らない形をして
ジャンク品のシートにランナーで積み上げて
それらしくしました スケールに合うように
大きさを決めるのは目分量でした
一応下翼を先につけるので士の字になります

投稿: あきみず | 2009年1月18日 (日) 21時52分

ハヤテさん コメントありがとうございます
今まであるもので済ませてそれ以上のことは
しませんでした (キャノピーを付けると
見えなくなるはず) 早く形にして色を
塗りたかったのです 色んなジャンク品や
現役の部品から取ってきましたがランナーの
伸ばしたのでも使えました 私は車は
まったく作ったことないので何も持って
無いのです 酸素瓶はハセガワ彩雲の
未組品から取ってきました 部品請求
しとかないといけません

投稿: あきみず | 2009年1月18日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/27236368

この記事へのトラックバック一覧です: 下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その2:

« Canon の 系譜 | トップページ | 下駄履きキャンペーン 零式水上観測機 その3 »