« こんな大根おろし みたことある? | トップページ | 旧LS 1/72 ニッポン号 その1 »

創刊号が安いのは

Img_6880 このところ雑誌に

おまけが付いて

発売されるのが

多く有りますが、我が家では創刊号

しか買ってません。 本当は続けて

欲しいんですが、ずっと同じ値段であれば

買っていますが、それはないやろと程に

次号は上がります。 日本のうた は100号

まで990円なんて無理ですね ずっと創刊号

で我慢してます そんな声が届かないかな

|

« こんな大根おろし みたことある? | トップページ | 旧LS 1/72 ニッポン号 その1 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私もこの手の雑誌は創刊号のみで止まりますね。
2号以降との価格差が大きすぎますね。

でも落語のシリーズはちょっと迷います(笑)
2号の落語家が捨てがたい…

投稿: シミソ | 2009年1月25日 (日) 23時32分

あ・あ・あ・・・創刊号は安いのですか。「日本のスケッチ」も、河出書房から出版されて、「京都」には私も参加したのですが、2巻で終ってしまったみたいです。今、宇宙の模型が付録に付いた雑誌が発売されているようですね。こういう模型はあきみずさんはいかがですか。

投稿: 山口ももり | 2009年1月26日 (月) 08時52分

この手のシリーズ物は、
手を出さないようにしている私。
最終的には金額が十万円を超えるのがほとんど。
と、言いつつも、家には「ドールズハウス」
和、洋が60%ほど揃ってるのw。
オフで1冊¥100から¥300で購入。
作る気もないのに、、お馬鹿だねw。

投稿: apuro | 2009年1月26日 (月) 16時09分

シミソさん コメントありがとうございます
企画はいいとこを衝いているのですが
全巻揃えるとなると二の足を踏みます
今は時期が悪いですね

投稿: あきみず | 2009年1月26日 (月) 20時20分

ももりさん コメントありがとうございます
日本のスケッチ は聞いた事ありますその
企画に参加されたのですね 
宇宙の模型は一つ買うと全部買わないと
欲しいのだけと言う訳にいかないのです
それも高いですから大変です

投稿: あきみず | 2009年1月26日 (月) 20時31分

apuro さん コメントありがとうございます
金額が積もるとビックリします バブルの
頃は毎週買ってたのがありますが 再び
見ることはなかったです

投稿: あきみず | 2009年1月26日 (月) 20時47分

そうですよねえ。創刊号だけ買ったという方もかなり多いかと思います。全部そろえてるひとのほうが稀なのかもしれませんね。

投稿: 腹ペコ | 2009年1月26日 (月) 22時18分

この手の雑誌で全巻揃えたのは日本の古寺50巻でしょうか、けっこう負担になりましたね。安土城をつくる、というのが出ましたが、全巻は無理そうなのであきらめました。

投稿: 秋ぎつね | 2009年1月27日 (火) 19時45分

腹ペコさん コメントありがとうございます
毎週買うだけでも大変ですし組立のキットが
付いていると止めるわけにはいかないので
手が出ないですね CDは気に入ったのを
買えるのが救いです

投稿: あきみず | 2009年1月27日 (火) 21時42分

秋ぎつねさん コメントありがとうございます
安土城を作るはTVで見ましたがよほどモチベーションが上がらないと作れないです 私も世界の
美術館、世界遺産、をそろえました うまく
心情に合うと続けて買ってしまいます
今はそんな余裕がありません

投稿: あきみず | 2009年1月27日 (火) 22時02分

『戦艦大和を作る』は創刊号かなりそそられましたが全部買うといったいいくらに・・・と思うと手が出ませんでした。
それはともかく製造小売業界の人間としては、いったい各号の準備数をどのように決めてるのだろうと気になりました(笑)

投稿: シロイルカ | 2009年1月27日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/27459258

この記事へのトラックバック一覧です: 創刊号が安いのは:

« こんな大根おろし みたことある? | トップページ | 旧LS 1/72 ニッポン号 その1 »