« 五箇山から白川郷に | トップページ | 高知まで行きました。 »

LS 1/72 ニッポン号と神風 その8

Img_7255 LSの神風と98陸偵が

完成しました ニッポン号

より後からでしたが、先に

Img_7254 出来ました。 前回より

排気管を真鍮管で加工

してつけました 胴体下面

Img_7259 に標識燈を追加しています

アンテナ線がよれよれに

なりました0.3のテグス

ですがアンテナ支柱が細いので負けてしまった

ようです。Img_7253

エンジンを栄に変えて

零戦とそっくりな機首に

なりまた違った感じの

Img_7260 98陸偵は海軍が

偵察に使うため陸軍

から借りた97司偵を

改良して98陸偵として採用したものです

開戦前の偵察に日の丸標識も無しで私服で

操縦したとか聞いた事があります

小雨が降って水滴がついてしまいましたが

こんな事もあるということで、見のがして

下さい。

|

« 五箇山から白川郷に | トップページ | 高知まで行きました。 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

紫陽花をバックに小雨の中での撮影というのもなんともいえずいいですね。完成おめでとうございます!98陸偵と97はまったく別物といままで思ってました。私もジェット機(?)完成しました。

投稿: 腹ペコ | 2009年4月26日 (日) 00時30分

ひさしぶりの書き込みです
ご無沙汰しております

実は、ちょっと模型はサボリ気味でした
最近また復活してきました

いいですねぇ
神風号!ぼくも作りたくなってしまいました。キット探そうかな~

投稿: 店長 | 2009年4月26日 (日) 00時46分

シンプルだけど味がある。
アジサイのある しっとりとした雰囲気の中、
すてきな世界が、、。
日の丸ナシだと一層デザインの良さが判るね!。

完成、おめでとうね!。

投稿: apuro | 2009年4月26日 (日) 18時27分

完成おめでとうございます!作品の素晴らしさももちろんですが背景に紫陽花を選ぶところにセンスを感じます。機体の色合いがさらに引き立ちますね。

投稿: 子龍 | 2009年4月26日 (日) 19時18分

98陸偵もなかなか渋いですね。
素性の良さが灰単色で一層引き立って見えます。

完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2009年4月26日 (日) 21時59分

腹ペコさん コメントありがとうございます
今回は意味もなくバックに花を持ってきました
外で撮るほうがライティングにいいのでこの
ようになりました。庭木ですが紫陽花でなくて
おおでまりなのです、説明文を入れるべきでした
いま庭の花はこれが一番きれいです

店長さん コメントありがとうございます
いまBMは複葉機が随所で見られて祭りも
行われています 残念ながら複葉機には
なかなか踏み込めません皆さんのを見て
いずれ何処かで活かしたいです。

apuro さんコメントありがとうがざいます
外で撮りたかったのでバックを庭木にしました
腹ペコさんのとこにも書きましたが、おおでまり
の花なんです、もっと大きな花玉になるのですが
肥料が足りなくて ちゅうでまり というとこ
です LSのキットをまた見直しました、考証
に基づいてよく出来ています 靖国も完成させたいなぁー

子龍さん コメントありがとうございます
前にも書きましたが、室内ではライトが
廻らずに上手く撮れないので外にしました
もう少し絞りを開いてぼかした方がよかった
みたいです 花は前にも買いましたが
おおでまりの樹で、いまが盛りで
咲いています 神風のブルーと朝日の赤が
よい具合になったようです ありがとう
ございます。

 

投稿: あきみず | 2009年4月26日 (日) 22時08分

司偵 陸偵 完成おめでとうございます。
神風の塗装、魅力的でいいですよね。

SHSは零観と両方持ち込みですか。

楽しみにしてます。

投稿: キャノピー | 2009年4月27日 (月) 18時31分

キャノピーさん コメントありがとうございます
画家の先生のデザインによる塗装ですが
イギリス人も驚いたと思います 静岡には
零観を持って行こうと考えています
ニッポン号と神風の組み合わせでもいいかな
とも思いますがまだ決めかねています。

投稿: あきみず | 2009年4月27日 (月) 19時43分

kamikaze号素敵ですね。
対する98司偵は渋すぎます(笑)

98司偵のこのマーキングはラバウルだったか、台南空か3空かのフイリピンだったか
緒戦時の機体だったと記憶しております。
(記憶だけですので確証はありません。)

旧LSのキットも面白いアイテムを出していたメーカーなので
消滅しなければもっといろいろ面白いアイテムを出していたメーカではなかったかと思います。

投稿: シミソ | 2009年4月28日 (火) 01時49分

シミソさん コメントありがとうございます
LSのキットで育ったといっても過言では
ありません それくらい作りました、国産
でもこれだけの物が作れると言うのは
ありがたかったです。Ⅹのマークは3空の
戦闘機隊に一個分隊配属されたものです
開戦前にルソン海峡索敵に出ています

投稿: あきみず | 2009年4月28日 (火) 20時07分

LSは日本機に愛情を注いでいたメーカーですね。
その愛情に負けない愛をこの作品たちに感じます♪やっぱりブルーがとてもいい感じです。

日本の航空界が設計も用兵思想も一歩先んじた瞬間ですね。

投稿: シロイルカ | 2009年4月28日 (火) 22時09分

神風号、イイですねぇ。九七司偵をそのまんま朝日新聞社に使わせたという所が、まだ平和が残ってた時代を感じます。
ブルーのカラースキムに痺れますねぇ。

九八陸偵は長い離陸滑走距離と前方視界の悪さ(3点姿勢では前が全く見えない)で3点着陸を本文としてた海軍搭乗員を悩ませたそうですね。

いずれもヨンパチで出る日を待つ身ですが、AZモデルからアナウンスが出てますのでそれに期待いたします。国内メーカーが出してくれればそれが一番なんですけどね(笑)

投稿: oni | 2009年4月30日 (木) 17時45分

完成おめでとうございます。

 水滴というのも臨場感があっていいものですね。引き込み脚になる前の機体には一種独特の風格のようなものを感じます。

 ところで我が家のオオデマリも今が盛りです。虫が付くんですよね。

投稿: 秋ぎつね | 2009年4月30日 (木) 20時25分

シロイルカさん コメントありがとう
ございます そうですよね偵察専門の司令部
偵察機を作るのは、先見の明があったです
それを運用していたわけですから。LSの
キットには一杯思い出がありますやはり
飛龍が凄かったです。

oniさん コメントありがとうございます
神風の時もそうですがニッポン号も山本
五十六海軍次官の度量の大きさで第一線の
96式攻撃機を輸送機に改修した機体が
使用されました。48のキットは
どこかで出して欲しいですね この時代が
日本の輝いていた頃だと思います。

秋ぎつねさん コメントありがとうございます
模型の写真に水滴が付いていたのは初めて
でした チョット雨がぱらついてるかなと
思いましたがきっちり写ってました なんか
ちぐはぐなバックでしたが見れないことも
なかって、これでいきました。 オオデマリ
花はもう散りました、ホントに虫がついて
葉っぱが穴だらけです。

投稿: あきみず | 2009年5月 1日 (金) 20時06分

遅くなりましたけれど、完成おめでとうございます!
歴史ある機体が2機も完成されて素晴らしいです。
これは、たまらんですね^^

投稿: mabo | 2009年5月11日 (月) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/29290382

この記事へのトラックバック一覧です: LS 1/72 ニッポン号と神風 その8:

« 五箇山から白川郷に | トップページ | 高知まで行きました。 »