« 筆ぬり飛行機コン フィン空 Ju88 その4 | トップページ | フィランド空軍 バッファロー その2 »

フィンランド空軍 バッファロー その1

Img_7359 ハセガワ 1/72 の

バッファロー フィン

ランドではブルーステル

又は空の真珠

と呼ばれた機体です

この飛行機がソ連軍を相手に大活躍する

のはパイロットの腕がよかったからでしょう。

キットはキッチリと組みあがりすらすらと

仕上がりそうです 塗装に集中できます。

|

« 筆ぬり飛行機コン フィン空 Ju88 その4 | トップページ | フィランド空軍 バッファロー その2 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

ブルーステル=ブリュースターですね^^
モラーヌ=モランみたいなものですか
ビヤ樽と真珠はえらい違いですねぇ。
楽しみです♪

投稿: シロイルカ | 2009年5月24日 (日) 01時04分

ブルーステルも始められたんですね。
ルッカーネンやカタヤイネン、ハンス・ウインドなど
この機のエースが多数いますが、度の機体にされるのか
Ju88とともに楽しみであります。

投稿: シミソ | 2009年5月24日 (日) 11時29分

>キットはキッチリと組みあがりすらすらと

仕上がりそうです 塗装に集中できます。

うううう。
余裕の製作!。うらめしやぁぁ。w

投稿: apuro | 2009年5月24日 (日) 18時32分

シロイルカさん コメントありがとう
ございます フィン空の機体はどれも
各国の旧型機ですが青い鉤十字
ハカリスティ がつくとまた違った
雰囲気になります。

シミソさん コメントありがとうございます
一応有名機は3機作ったのですが、これは
どの塗装にするかまだ決めてません
組みあがって本を読みこんだときに
決まると思います。

apuro さん コメントありがとうございます
もう組立に力を入れると、疲れるので
塗装を楽しみたい心境になってしまい
ました 資料を眺めながらどれにしようかな
と、思うだけで幸せです。

投稿: あきみず | 2009年5月24日 (日) 20時47分

バッファロー、日本からはビア樽、ドイツからはラタ(蝿)とか言って嘲笑されておりましたが、中々どうして、フィンランドでは「空の真珠」と呼ばれ、かなりの評価を受けてますね。モノは使いようといったところでしょうか?
無骨な形態が結構好きなので、進捗を楽しみにしております。

投稿: oni | 2009年5月26日 (火) 21時37分

oniさん コメントありがとうございます
日本では評価の低いバッファローですが
所変われば救世主の活躍で胸のすくものが
あります。これもパイロットの技量に
負うところが多いです。多彩な塗装に
何機でも作れそうです。

投稿: あきみず | 2009年5月27日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/29761033

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド空軍 バッファロー その1:

« 筆ぬり飛行機コン フィン空 Ju88 その4 | トップページ | フィランド空軍 バッファロー その2 »