« 布引の滝から摩耶山 | トップページ | 筆塗り飛行機コン Ju88 その3 »

筆塗り飛行機コン フィン空 Ju88 その2

Img_7310 コクピットですが

それらしくしたいの

ですが、そのままで

色分けだけで済ましました。ゴンドラの

後部銃座ハッチからコクピットに乗り込む

切り欠きのかたちが判らないので適当に

あけようとしています。爆撃手の座るシート

Img_7314 が判らずに前の写真

でつけていますが、

ハッチから入ると座席

が邪魔をして座れないのに気がつきました。

コクピット横に折りたたみ椅子が付いてる

のでやっと納得したしだいです。(苦笑)

ゴンドラの後部を下げてるのが動きが

あっていいと思います。

Img_7315 垂直尾翼、水平

尾翼の取り付けは

いつもと逆で胴体に

ガイドが出ています、取り付け角度が

決まりやすいのでよいアイデアです。

Img_7312 デカールの機番と

尾翼の数字が解らない

と書きましたが、私の

早とちりで、左の機番と右の数字が

みんな対応していました 皆さんハセガワ

さんにはご迷惑をおかけしました。

|

« 布引の滝から摩耶山 | トップページ | 筆塗り飛行機コン Ju88 その3 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

サクサクと形になってきていますね。
コックピットの彫刻も十分な出来に見えます。
搭乗ハッチを開いて動の再現をされるのですね。
これは完成が楽しみであります。

投稿: シミソ | 2009年5月10日 (日) 22時11分

シミソさんコメントありがとうございます
写真やら図面を見て作業していたのに、爆撃手
の座席については判りませんでした。搭乗口の
切り欠を加工しなければそのまま座席をつけて
いました。あそこに四人乗ると窮屈だった
ことだと思います。

投稿: あきみず | 2009年5月11日 (月) 19時18分

コクピットの彩色がいいねぇ。
キャノピ越しの映えがよさそう!。
ドイツのコクピの狭さはハンパねぇ。
Me410や109の狭さといったら、、。
でも、それがドイツ航空兵の安心感なんだろうか。
B-17で一番生存率が高かったのも下部の球形銃座
っていうし、、、、。

投稿: apuro | 2009年5月11日 (月) 19時25分

逆卍がかっこいい♪
垂直尾翼も別部品になっているんですね。
あまり見慣れないので少々驚いています(笑)

コクピットも加工工夫されるようで、
此方の方に興味が湧きます。

投稿: ハヤテ | 2009年5月11日 (月) 23時45分

apuro さん コメントありがとうございます
国民性の違いでしょうか、設計者の優先順位
にコクピが後ろに置かれているのかな?
どの機体もスリムなかたちをしています。
ゴンドラの搭乗口が胴体にどれくらい
開いてるか判る資料が無かったので
写真から判断しましたが微妙ですね。

ハヤテさん コメントありがとうございます
Ju88のキットは昔マルサンの海賊版を
作って以来で、コクピットもよく知らなかった
ので思わぬことになりました。フィン空の
爆撃機も初めてで気合を入れてやりたいです。


投稿: あきみず | 2009年5月12日 (火) 19時52分

独空軍はデブお断りなんでしょうか、
ウーフーの後ろ座席なんかもどうやって乗るんでしょう???っていう感じですよね…
しかも射出座席…怖っ

あとHe-111の機首銃座も怖いです(銀河もだけど)

投稿: シロイルカ | 2009年5月12日 (火) 22時50分

シロイルカさん コメントありがとう
ございます コクピットに二人座る
写真を見ても窮屈なのが判ります。
ウーフーも細い胴体に乗員が並んで
機能優先なのでしょう、機体に人を
合わさないといけないみたいです。

投稿: あきみず | 2009年5月13日 (水) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/29553053

この記事へのトラックバック一覧です: 筆塗り飛行機コン フィン空 Ju88 その2:

« 布引の滝から摩耶山 | トップページ | 筆塗り飛行機コン Ju88 その3 »