« 静岡ホビーショー 第20回モデラーズクラブ合同作品展 | トップページ | フィンランド空軍 バッファロー その1 »

筆ぬり飛行機コン フィン空 Ju88 その4

Img_7356 やっと主翼と胴体

がくっ付きました

ナセルをつけて

これで塗装にかかれますが、キャノピー

のマスキングがぐっと肩にノシカカッて

きます。筆塗りならしなくてもいいかな。

Img_7355 何回も同じ窓枠を

塗るのも疲れる

のですが、昔は

みんな筆塗りをしてましたので

今回はマスキング無しでやろうかな。

Img_7357 ユーティライネン著

フィンランド空軍

戦闘機隊を読み

直してると、同時に

ブルーステルも

作りたくなってハセガワのを探しだし

ました 読んでるとモチベも上がります

フィンランドはソ連から侵略された為に

国を挙げて戦ったわけなのに、ドイツ

を頼らなければならなかったのが

残念です。

|

« 静岡ホビーショー 第20回モデラーズクラブ合同作品展 | トップページ | フィンランド空軍 バッファロー その1 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。着実に筆コン進んでますね。窓枠ですが、手描きはハッキリ言ってかなりシンドイですよ。私も窓枠はマスキング無しの一発塗りですがJu88は48でさへ死にそうでした(息を止めるから)簡単な方法としては片側だけマスキングテープを貼ってそれに沿って塗るというやり方もあります。ただし一本ずつになってしまいますが。

投稿: マルボロマン | 2009年5月23日 (土) 07時51分

凄いことを聞きました。

窓枠フリーハンドですか…(絶句)
プレッシャーで手が震えそうです(笑)

私も1/72ハセガワバッファローのフィン空仕様が積んであります。
作りたくなってきた♪


投稿: シロイルカ | 2009年5月23日 (土) 09時33分

筆塗り、、。
遠くて甘い記憶が、、、。
はじめて塗ったのは、ニチモの雷電だったかなぁ

フィンランドの対ロシア戦は映画もあったような

投稿: apuro | 2009年5月23日 (土) 19時00分

マルボロマンさん コメントありがとう
ございます やはりマスキング無しで
塗られてたのですね どちらも大変なの
ですが、今回はマスキングなしで やって
見ます 前回の96陸攻の時に難儀した
割には報いられませんでしたから。

シロイルカさん コメントありがとう
ございます 手がふるえてはみ出しても
爪楊枝でゴシゴシと削ると直りますから
そんなに緊張するほどでもないです。
バッファロー フィン空仕様が一番
はえますよ。

apuro さん コメントありがとうございます
日模の雷電凹リベットのキャノピーが薄く
可動するのでした モーターでペラを廻して
クルクルまわるおまけが付いてました。
そういえば静岡に日模のブースがありましたか
見なかったみたいですが。

投稿: あきみず | 2009年5月23日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/29747429

この記事へのトラックバック一覧です: 筆ぬり飛行機コン フィン空 Ju88 その4:

« 静岡ホビーショー 第20回モデラーズクラブ合同作品展 | トップページ | フィンランド空軍 バッファロー その1 »