« LS 1/72 ニッポン号と 神風 その9 | トップページ | 布引の滝から摩耶山 »

筆塗り飛行機コン フィン空 Ju88 その1

Img_7305 やっと手持ちのキット

が完成しましたので

筆塗り飛行機コンに

かかれます ハセガワ

1/72 Ju88A-4

Img_7303 フィンランド空仕様

になります フィン空

の写真は左の本には

Img_7304 まったく載ってなく

次の本で塗装の資料

とします 組立までの

Img_7308 詳細はMAがキッチリと

しています。デカールは

十種類があるのですが

マークの塗装図は三種類で貼る指示のない

デカールはご自由にお使い下さい なんて

そんな無責任な(ハセガワさんはサービスの

つもりでしょう)話はないと思いますが、機番と

尾翼の数字とが、どうつながるか判らないです

|

« LS 1/72 ニッポン号と 神風 その9 | トップページ | 布引の滝から摩耶山 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

芬機良いですね~。
書かれておられる尾翼の機番と胴体の機番の関連は無いはずです。

胴体の番号は機体固有(登録?)番号
尾翼の番号は部隊内の機番号(配備順?)
だったと思いますが記憶で書いているので確証はありません。
でも「尾翼の機番と胴体の機番の関連は無い」は正しかったと思うのですが・・・。

投稿: シミソ | 2009年5月 6日 (水) 09時30分

そうかぁ。
フィンランドって、まん爺だからこうなっちゃうんだね。  今のご時世。
あるイミ、メーカーも大変だよね。

投稿: apuro | 2009年5月 6日 (水) 18時44分

こんなに多種類の機体を運用し、改造もしていたフィン軍の整備・運用力に感心してしまいます。
東欧、北欧の人たちは器用ですねぇ。

投稿: シロイルカ | 2009年5月 6日 (水) 19時19分

シミソさん コメントありがとうございます
私の書きようがわるかったようです、
胴体の機番の機体には、尾翼につける数字が
どれを使えばよいか指示がなかったことを
さしています、マスコットマークを付けた
機体の写真があります、機番は文章に載ってる
のですが、尾翼の番号がわからないので
迷っているしだいです。

apuro さん コメントありがとうございます
そうですね昔はドイツ機でも、箱絵にどうどう
と垂直尾翼に+を書いてありました。フィンランドの+はナチスと関係のない歴史あるもので
スエーデンの伯爵エリック・フォン・ルーセン家
に代々伝わる幸運の印 青い鉤十字 を公式識別
標識として使われたのが始まりです 1918年
の事でした。

シロイルカさん コメントありがとう
ございます フィンランドはロシア帝国
の時代から侵略されて、苦難の日々を
受けてきました その為の団結力は
私たちの想像力を超えるものだったと
思います。祖国を守るための戦いです
から贅沢は言っておれなかった結果
だったと思います。

投稿: あきみず | 2009年5月 6日 (水) 21時42分

こんばんわ。いよいよ筆コン制作ですね。わたし、全然やる気起きないです。しばらく腑抜け状態です。

投稿: マルボロマン | 2009年5月 7日 (木) 20時26分

この機体を筆塗りでいかれるのですか(羨望)

私も子供の頃は筆があたりまえだったんですが、
今やったらムラムラで・・・・(爆)

投稿: ハヤテ | 2009年5月 7日 (木) 21時41分

マルボロマンさん コメントありがとう
ございます どうしたのでしょう何かみな
さん五月病のように手につかないようです
しばらくなにも考えないで、モチベが
戻ってくるのをまたないといけないですね。


ハヤテさん コメントありがとうございます
今まで本物のエァブラシを使ったことが
ないので、どの機体も筆塗りになります
ムラはでますがそれはそれで良しと
しましょう エァブラシも使いこなそうと
するとかなり、時間を必要とするのでしょう
もうそんな気力がありません。

投稿: あきみず | 2009年5月 9日 (土) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/29456296

この記事へのトラックバック一覧です: 筆塗り飛行機コン フィン空 Ju88 その1:

« LS 1/72 ニッポン号と 神風 その9 | トップページ | 布引の滝から摩耶山 »