« キリ番の贈り物が 届きました | トップページ | 河口湖飛行機館 その2 »

河口湖飛行機館に行きました  その1

Img_0997 河口湖飛行館の

公開が8月限定で

開かれています

Img_0994 零戦21型、52型

21型の骨組み

エンジン多数

Img_0993 屋外に展示の

C46です

P&W

Img_7653 週間零戦を作る

まで出ています

ここのとそっくり

Img_1021 ですが、いい

値段ですから

見送ります

Img_0999

入り口を入ると

21型が迎えて

Img_1084 くれます 赤城

搭載の板谷少佐機

になっています

Img_1000 細部まで細かく

復元されていて

貴重な資料に

なります

期間が限定

された公開で

Img_1026 夏休みでもあり

大勢の来館者で

賑わっています

Img_1125 一台だけの展示

でなく多くの機体

が見られるのは

Img_1133 国内ではここ

だけです

続きます

|

« キリ番の贈り物が 届きました | トップページ | 河口湖飛行機館 その2 »

「博物館」カテゴリの記事

コメント

21型の復元いつの間にかひっそりと終わってたんですね。今年奥さんと河口湖はいったんですが期間限定なので入れませんでした。羨ましいかぎりです。来年こそ。

投稿: マルボロマン | 2009年8月25日 (火) 00時23分

これだけしっかり頭に入っていたら、吉村昭氏の本もすらすらでしょう。私にはちょっと難しい!!!部品の名前から、こんがらがります。「ポーツマスの旗」も読み止し。「破船」も聞いていますが未読です。今、ちょっと紅山雪夫氏の本を読んでいます。ヨーロッパのお話。ヨーック気が変わるでしょう???

投稿: 山口ももり | 2009年8月25日 (火) 09時20分

いいな、いいな。うらやましーな!。
板谷機の尾翼塗装って、以前論議されてなかった?。黄色の帯。
ううううう。
P&H、ハマッタのかな?。
うひひひひ。

投稿: apuro | 2009年8月25日 (火) 18時14分

マルボロマンさん コメントありがとう
ございます 航空ファンの九月号に
公開の日程がありましたので 盆明け
の高速がすいた時に出かけました
一機だけでなく見るべき物が多くあり
よかったです

ももりさん コメントありがとうございます
零戦の設計者堀越二郎さんの渾身の作品が
生まれる経過が解っているだけに、感慨
深いものがあります 国立の博物館に
一同に集まれば嬉しい限りです

apuro さん コメントありがとう
ございます 板谷機の論議は知りません
でした 機番が101が155とモデルアート
真珠湾攻撃隊に載っていましたが
良く解りません 飛行機館にはB29、17
のエンジンも、栄、誉、火星、アツタも
良く集められたと思います。

投稿: あきみず | 2009年8月25日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/31090861

この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖飛行機館に行きました  その1:

« キリ番の贈り物が 届きました | トップページ | 河口湖飛行機館 その2 »