« 藤井寺の散策 | トップページ | 信州真田の庄 上田城跡 »

スピット祭り エァーⅨとレベルⅡ その8

Img_7707 またしてもシンナー

をこぼしてしまい

ました 気をつける

Img_7710 ですが、指に引っか

かりました 今度は

ラッカーシンナーで

素地が侵されてしまいました。

しばらくショックで落ち込みました。

Img_7755 やっと落ち着いて

コードレターをどう

しようかと思って

いましたが、マルボロマンさんの

筆塗り講座に後押しされまして

手書きに挑戦しますが、同じ様には

いきません マスキングで位置を

Img_7757 決めます

少々はみ出ても

気にせずに

後で修正しましょう

Img_7759 もう一つ

操縦席下側に

OBSERVER CORPS

報国号? の文字が入ります

これは手に負えません 3mはなれて

見てもらうのがいいです。

|

« 藤井寺の散策 | トップページ | 信州真田の庄 上田城跡 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

迷彩がきまってますね♪

各国、軍用機に文字が似合うっていうのも
案外面白いものですね。
手書きは苦手ですので(汗)
いつか自作デカールに挑戦してみたいとは思っています(苦笑)

投稿: ハヤテ | 2009年10月 9日 (金) 21時12分

スピット進みましたね。
私もシンナーをこぼすのはザラです。
ひどい時は流し込み接着剤の瓶をひっくり返し・・・・以下ひどすぎて書けません(笑)

OBSERVER CORPS
ちょうどいいアイキャッチになって一味違った機体になりますね。

あ、私がスピットを弄りはじめたのは
あきみず様の記事が頭の片隅に残っていたからかもしれません。

投稿: シミヤン | 2009年10月 9日 (金) 21時32分

大型フィンフラッシュと大型レターがはいると『バトルオブブリテン』ですね~

レベル1/32の箱絵を思い出します♪
トラブルに負けず頑張ってくださ~い

投稿: シロイルカ | 2009年10月 9日 (金) 22時03分

おっ、ついに挑戦なさいましたね。習うより慣れろと昔から言います。72でできれば48なんか簡単になりますよ。私は逆に72はもう手が出ません。

投稿: マルボロマン | 2009年10月 9日 (金) 23時15分

シンナー瓶のトラブル・・・。
何故か、作業台が広くてもキットに直撃してしまう確率が高いですよねー。
モデリングの謎です(苦笑)
そういう時は、一呼吸おいてから作業再開するのが一番ですよね。
ドンマイでがんばって下さいねっ。

投稿: 小春好 | 2009年10月10日 (土) 13時45分

うくっ、
なんでこぼしちゃうの!!。
むうう。
モデリングハイになっちゃったか!?。
でもリカバー出来た様だしぃ。
レターもいい感じだよ!。

投稿: apuro | 2009年10月10日 (土) 17時58分

ハヤテさん こんばんわ デカールを
片っぱしから探したのですが、これに
合うのが無かったので、手書き講座を
参考にやってみたわけです 各国の
コード番号に書き方の違いがあるのが
面白いです

シミヤンさん こんばんわ 気をつけて
作業をしていても 手に引っかかって
倒します すぐに蓋をするのですが
いけません 文字も もっとピッチリ
決まればいいのですが デカールに
頼り切っていますから 難しいです

シロイルカさん こんばんわ
イギリス機を殆ど作らなかって(昔は
一通り作りましたが、機体は残って
ません)資料を見ているうちに
他のもつくりたくなっています
キットはそこそこ持っているんで
余裕がでれば考えています

マルボロマンさん こんばんわ
デカールがあれば絶対に手書きは
しなかったと思います 自分で
書くことが出来れば もっと
自由度が広がるかなと思います
数をこなす様にします


小春好さん こんばんわ
歳とともにこんなミスで落ち込む
ことが多くなりました すぐに
蓋をしたり片付けたりしているの
ですが、隙をついてやってきます
未完にはしないよう頑張ります


apuro さん こんばんわ
なんか取り付いているんかな
すっと指が引っかかる不思議な
現象です レターはもっと修行を
積まないといけないです
すぐにデカールに逃げちゃいます。

投稿: あきみず | 2009年10月12日 (月) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19556/31718677

この記事へのトラックバック一覧です: スピット祭り エァーⅨとレベルⅡ その8:

« 藤井寺の散策 | トップページ | 信州真田の庄 上田城跡 »